FC2ブログ

記事一覧

十日町雪まつりに行ってきた!

先週末、新潟県十日町市にある、妻の実家を訪れた。
雪まつりが催されていた。

午前11時ごろ実家に到着すると、義父、義母に加え、前日から現地入りしていた、横浜に住む義姉と、ふたりの姪が出迎えてくれた。

十日町市には、去年は何度も訪れている。
義父が大腸がんを患ったので、お見舞いもあったし、医師として、義父の主治医とも話をしておきたかった。
丁寧な説明をしてくれる、やさしい先生で、義父をお任せして大丈夫だろうと安堵した。
義父には退院後にも会っていたが、その後、外来での化学療法に入ってからは、気にはなりながらも、なかなか実家を訪れる機会がなかった。
久々にお会いして、お元気そうな様子に安心した。

義母は相変わらず、健康そのもののようにみえた。
あまりマメにはやってこない義理の息子を、いつも笑顔で迎えてくれる。
「ほんと、そうねえ」
が口癖だ。
最近、人の言葉に対し、とりあえず「否定」から入る人が目につくし、それはレベルの低い自己顕示欲だと僕は捉えているので、義母が常に人を肯定し、温かく包みこもうとする態度が好きだ。
いつでも、安心して話しをすることができる。
人と人との触れ合いで一番大切なことが、わかっている人だと思う。

義姉にお会いするのは、本当に久しぶりだった。
とにかくパワフルで、頭の回転が早い。
子供の教育や、PTAなど、最近我が家で生じている懸案事項について相談したところ、いくつかのアドバイスを頂いた。
僕と妻の周りには、尊敬でき、親切に相談にのってくれる、すばらしいご夫婦が何組かいるが、やはり、身内でないと聞きにくいこともある。
そして僕は様々な事情から、僕側の親族とは疎遠になっている。
だから、なおのこと、ありがたかった。

義姉には会って早々、「自費出版、おめでとう!」と言われ、お祝いにとワインを手渡された。
自費出版じゃ、ないんだけどナ。
でも、祝ってくれているのなら、なんだっていい。
ワインまでくれるというのだから、細かいことは、断じて、どうでもいい!

義姉夫婦の長女、Nちゃんは大学1年生だ。
慶応義塾大学の経済学部に通っている。
優秀なだけでなく、大変な美人で、去年、ミスキャンパスのファイナリストになった。
予備投票ではトップだったから、このままミス慶應になるのだろうと、僕ら全員が思っていた。
そうしたら、あの、愚かな事件が起きた。
広告研究会、海の家、と聞けば、思い出してもらえると思う。
ニュースを最初に聞いたときは、思わず、「あっ」と声が出た。
詳細を知り、開いた口がふさがらなかった。

Nちゃんがこのコンテストのために、どれだけの努力を重ねていたか、僕は義姉や妻を経由して聞いていた。
慣れないSNS、イベント参加にテレビ出演、それに、有名になることによって初めてうける、心ない誹謗中傷。
まだ十代の彼女は、それでもがんばり続けた。
あげくに、これだ。
Nちゃんの失意がどれだけのものかと思うと、心が痛んだ。

このニュースについて朝のワイドショーで、小倉とかいうキャスターが(フルネームで記すほどの人間ではない)、Nちゃんの
「頭が真っ白になり、ただただ涙があふれるばかりでした」
というコメントに対し、
「へえ、何がなんでもミス慶応になりたいって人がいるってことなんだ」
と言って切り捨てた。
腹が立ったし、たまたまとはいえ、低俗な番組にチャンネルを合わせていた自分が情けなかった。

(いい年をして、何がなんでもハゲを隠したいお前が、何を偉そうに・・・)
こともあろうに、このハゲチャビンは続けて、「じゃあ、泣いててください」とまで言った。
自分には何の落ち度もないのに、半年間の必死の努力すべてと、掴みかけた栄光を奪い取られたばかりの少女に対して、だ。

きっと、髪の毛だけでなく、頭の中まで禿げ上がっているのだろう。
つるつるな脳みそが発するコメントの、滑稽なまでの愚鈍さは、どんな高価なカツラを装着したところで、押し隠すことなどできない。

Nちゃんは主催サークルが起こした事件のせいで、華やかな世界へのプラチナチケットを逃すことになった。
しかし、人生万事、塞翁が馬、だ。
これが彼女にとって、本当に不幸なことだったのかは、かなり後にならないとわからない、と僕は思っている。

妹のFちゃんは高校1年生で、Nちゃんに負けずとも劣らぬ美人だ。
このふたりと僕の息子3人が並ぶと、血縁とはとても思えない構図になる。
美女と野獣、というのも、違う。うちの子たちには、ワイルドさがない。
さしずめ、美女と未開人たち、というところだろうか。
まあ、未開の地の子供ならではかわいさも、ないわけではない。

Fちゃんは中学時代にはバレーボール部で活躍していたが、高校ではオーケストラ部に入ったとのこと。
バイオリンを担当しているのだそうだ。
確か小さい頃にピアノを習っていたはずだから、音感もいいのだろう。
この日は残念ながら、バイオリンを持参していなかったが、いつか聴かせてほしいな、と思った。

NちゃんもFちゃんも、息子たちにとてもよくしてくれる。
最初は照れから、逆に傍若無人に振る舞う息子たちだが、小一時間もすると、デレデレになる。
学校でのこと、幼稚園のこと、息子たちが勢い込んで話すエピソードの何かが琴線に触れたのか、Fちゃんは「へえ」と声を漏らすと、呟くように言った。
「最近の子供たちって、おもしろいことするなあ」

君だってまだ子供だろうに。
僕は思わず噴き出したが、これは失敗だった。
自分が高校生のころだって、いっぱしの大人気取りだったもの。
失礼なことをした。

十日町雪まつりは、晴天に恵まれ、素晴らしいものだった。
そして、義父母のお元気な様子、義姉と姪たちの快活な笑顔が、うれしかった。
雪で白く輝く、山に囲まれた、美しい町。
せっかくアーリーリタイアしたのだから、もう少し頻回にこの地を訪れるべきだと感じた。

丸1日、自著のことも、本ブログのことも、まったく考えずに過ごした。
たくさん、笑った。
こんなことは、拙稿の出版が決まってから、初めてのことだと思う。
いいリフレッシュになったし、新たな活力が湧いてきた。

充電、終了。
気持ちを新たにして、さあ、販促の続きだ!




IMG_0753.jpg

PPAPとTPPとを掛けてある。
うまいなあ。



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングにて、上位に留まることができています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段が、このブログであり、ランキングです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、応援のひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


残念ながら、在庫切れ中。

現時点で、新潟市だと、古町の考古堂書店様に、確実に在庫があります
考古堂書店



追記;
本文において、頭髪に問題のある方(いわゆる、禿げ)に対する、侮蔑的な発言があったことをお詫びする。
頭髪にお困りの方々に対する差別意識は、まったくない。
僕自身、近年、M字型に頭髪の非充実感が増してきていることは、本ブログでたびたびアップしている写真からご理解いただけると思う。
だから僕が、一般の頭髪難民の方々に攻撃的であろうはずがない。
単に、なんとか智明とかいう、特定の禿げが嫌いなだけだ。
名字は忘れた。
何にせよ、本ブログにおいて、フルネームで紹介するほどの人間でないことだけは、確かだ。

追記2;
political correctnessって、中々大変。

追記3;
昨日午後9時時点でのamazonランキング。

2017022120580000.jpg

びっくり!
日報&裏筋さん効果、すごい。
しかもこの日、昼からamazonでは売り切れであったにも関わらず、だ!
在庫切れ、早く解消されないかなあ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

 私も父方のDNA覚醒で確実にM型が進行しております。(笑)

Re: No title

僕も父方のDNAです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア