FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤのことわざ “殴られた痛みはいつかなくなるが、侮辱された言葉は永遠に残る”~幸せの名言44

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでは幸福に関する名言を紹介している。
皆さんは読むことによって幸せになるだけではなく、ちょっとした雑学も身につくようになる。
もし気に入ったものがあったら、何かの折に友人にも披露して、ぜひ周囲も幸せにしてあげてほしい。
44回目の今日は、ユダヤの格言。

“殴られた痛みはいつかなくなるが、侮辱された言葉は永遠に残る”


テーラワーダ仏教の長老、アルボムッレ・スマナサーラも著書『心は病気(サンガ)』の中でこう書いている。

p43~

“誰かに少しでもプライドを傷つけられたら、その人は永久に相手のことを嫌います。でも、心と言うのは大バカ者ですから、人をバカにしたり相手の立場を壊したりということを、気づかないうちにやってしまうのです。”


人を侮辱すること、プライドを傷つけることの戒めはあちらこちらで散見される。
人間関係でもっとも大切なことのひとつだと考えてよさそうで、自著「4週間で幸せになる方法」でもこう書いている。

“次に、相手に対しての心構えについて。
とにかく重要なのは、「プライドを傷つけないこと」。
相手に対して腹立たしい思いをしたりした時に、反論したり、席を立ったりするのはかまわない。それでも、決して相手のプライドを傷つけたりはしないことが肝要だ。
皆さんのまわりに、人を小馬鹿にするような言葉をつけ加えることが、なかば習慣化しているような人はいないだろうか?(いわゆる、一言多いタイプだ) 
あるいは、誰かが間違ったことを言うと、まるで鬼の首を取ったかのようにそれを指摘する人は?
そういう人が素敵な仲間に囲まれているということは、普通はなさそうだ。“


そういえば、先輩医師でも、
「だからお前はダメなんだ」
が口癖の人がいたなあ。
他の医師は皆、「一番ダメなのはお前じゃないか」と陰で笑っていたっけ。

スマナサーラ氏が指摘されている通り、心は大バカ者で、知らず知らずのうちにそのようなことをしてしまう。
幸せな人間関係を築くために、細心の注意を払っておくべきポイントだろう。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

IMG_2339.jpg

阿賀野川にて。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。