FC2ブログ

記事一覧

勤労の道徳は奴隷の道徳であるが、近代世界は奴隷を必要としない

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでは最近、いわゆる「幸福本」を紹介している。
今回紹介するのは31冊目、バートランド・ラッセル著「怠惰への賛歌(平凡社ライブラリー)」。
ラッセルといえば、やはり有名なのは以前も紹介した「幸福論」だが、これはそれより数年後に書かれている。



そこにはこんな文章が。
“勤労の道徳は奴隷の道徳であるが、近代世界は、奴隷を必要としない。(中略)
私たちは生涯をあまりに重んじすぎるし、消費をあまりに軽んじすぎる。
その結果の一つとして、享楽や純粋な幸福には、あまり注意を払わなすぎるようになるし、また生産を、消費者が生産より受ける快楽によって批判しなくなる。“
***************************

現代社会は労働を「徳」とみなしているが、これは歴史的にはそう古いものではない。
既得権益をもっているものからの、押しつけにすぎない。
暇であることは、決して悪徳ではないはずだ。
働く時間を減らし、各自がやりがいをもって日々を過ごせるようになることが、資本主義が停滞しつつある現代社会には必要なことであり、その考えは自著、"幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ"の中でこのように述べている。

“そもそも人間は、いつから「生涯の大半を労働に捧げる」ことが普通だとされるようになったのでしょうか? これは実はそれほど昔の話ではなく、産業革命以来であると考えられています。
古代ギリシャ人にとって、働くことは卑俗なことであり、自由時間を得るために仕方なくやっているだけで、そこに何ら意味を見出したりはしなかったそうです。現に哲学者・アリストテレスは、「賃金が支払われる仕事はすべて、精神を奪い、弱める」という言葉を残しています。
日本でも、縄文時代の労働時間は、なんと一日に三~四時間にすぎなかったと考えられています。また、江戸時代には、定職につかず、食べ物がなくなると町にやってきて、日雇いの仕事を必要な分だけするという、フリーターのはしりのような人が多くいましたし、たとえば大工といった技術職も、懐具合によって仕事をしたりしなかったり、あるいは、夏の暑い間は長めに仕事を休んだりと、かなりいい加減な仕事ぶりだったようです。
その後、明治時代に入ると、政府が富国強兵策を打ち出し、多くの労働力を必要とするようになったため、今のような厳格な労働形態がとられるようになります。今日まで続くこのフルタイム労働は、たった一五〇年程度の歴史しかなく、しかも、そもそもの始まりは「お上の都合」だったというわけです。
現代社会において長時間働くことは、時としてまるで美徳や武勇伝のように扱われます。酒場を覗けば、仕事の多忙さを競ったり、自慢したりするかのような会話の、なんと多いことか! 古代ギリシャや縄文の時代に自らの労働量を誇ったりしたら、きっと狂人扱いをされたことでしょうし、その感覚のほうが私にはまっとうなように思えます。仕事を一生続けることが正しいことであり、アーリーリタイアなど怠け者のすることだという考え方は、近年、主に支配層の都合から生まれた倫理観であり、人類の歴史を考えてみても、決して普遍的なものではないのです。
どうせ一生働き続けなければならないのだと思えば、使えるお金で何を買おうか、どんな贅沢をしようか、という発想になるのもわかります。でも、もし「ある程度働いたら、残りの人生は好きなように過ごしていい」という選択肢がリアリティをもって与えられるならば、過剰な浪費を慎み、アーリーリタイアの恩恵を受けたいと思う人も多いのではないでしょうか?“
****************************

労働に関して、僕はラッセルと同意見、と結論づけて記事を終わりにすることもできるが・・・。
ところが、である。
ラッセルは「幸福論(岩波書店)」の方ではこう語っているのだ。
「仕事は幸福な人生を築くために重要なものである」、と。
さきほど紹介した文章とはまったく逆の論説になる。

次回はそこのところについて書きたい。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

IMG_2319.jpg

麒麟山温泉にて、ひたすら読書とビール。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア