FC2ブログ

記事一覧

スティーブ・ジョブズ “他の誰かの人生を生きて、時間を無駄にしてはいけない”~幸せの名言40

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでは幸福に関する名言を紹介している。
皆さんは読むことによって幸せになるだけではなく、ちょっとした雑学も身につくようになる。
もし気に入ったものがあったら、何かの折に友人にも披露して、ぜひ周囲も幸せにしてあげてほしい。
40回目の今日は、ご存知、アップルの創業者のひとり、スティーブ・ジョブズ(1955年-2011年)。
本企画では3回目の登場になる。

まずは、これ。
ジョブズ氏が毎朝、鏡に映る自分に問いかけていたという言葉。

“もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか?”


そして、「違う」という答えが何日も続くようなら、それは生き方を見直すサインだととらえていた。
「その日が人間ドッグの予定だったらどうするの?」
などというツッコミは勘弁してほしい。
もちろんそういうことは除いてOKてという前提のもとだろう。
1日1日を充実させるという意味では、とてもいい言葉だと思う。

さらに、こんな言葉も。

“将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできない。できるのは、後からつなぎ合わせることだけだ。だから、我々は今やっていることが、いずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろう、と信じるしかない”


あれこれと余計なことを考えずに、その時その時でベストを尽くせということだろう。
これも先ほどの言葉とニュアンスが似ている。
「今を生きる」ことはとても重要なことだから、基本的にはこれでいいと思う。
ただし、少し注意してほしいこともある。
死を目前にして、ジョブズ氏はそれまでの生き方を悔いたという説もある。
ジョブズ氏が残したとされた言葉。

“物質的な物はなくなっても、また見つけられる。しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある。
人生だよ。命だよ。
手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
「健康な生活を送る本」
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。あなたのパートーナーのために。あなたの友人のために。
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。他の人を大切にしてください。“


仕事一筋で生きてきた人が、死ぬ間際になって、なぜもっと親しい人たちとの時を大切にしなかったんだろう、と悔やむというのはよく聞く話だ。

毎日、毎日を偉大な日にしようと張り切りすぎると、そういったありふれた幸せに目がいかなくなるのかもしれない。
刺激の多いことばかりに目が行くことのないよう、ちょっとした注意を払う必要はありそうだ。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

IMG_2278.jpg

妻の実家から送ってもらった山菜シリーズ 4

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア