FC2ブログ

記事一覧

岸信介 “転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け” ~幸せの名言39

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでは幸福に関する名言を紹介している。
皆さんは読むことによって幸せになるだけではなく、ちょっとした雑学も身につくようになる。
もし気に入ったものがあったら、何かの折に友人にも披露して、ぜひ周囲も幸せにしてあげてほしい。
39回目の今日は、元内閣総理大臣にして、「昭和の妖怪」と呼ばれた岸信介(1896年-1987年)。
長生きの秘訣について言った言葉。

“転ぶな、風邪引くな、義理を欠け”


転ぶな、風邪引くな、までは常識的な心掛けだから、やはりこの言葉のミソは、3つめの「義理を欠け」にあるのだと思う。
一般的には、酒の席をはじめ、義理で付き合うとどうしても体に負担がかかるから、という理由だと考えられているが、今日は僕流に、ちょっとうがった見方をしてみたいと思う。

脳科学分野では、「物事は記憶しなければならない」という思い込みを捨てることにより、楽観的になれるとされている。
ただ、僕らは忘れることに抵抗がある。
人から受けた恩義を忘れるようなことがあれば、後々の不義理につながりかねないからだ。
しかし記憶にこだわると、嫌な出来事から解放されにくくなり、悲観的な傾向を強めてしまうのだそうだ。

でも、義理は欠いていいと考えたとしたら?
「憶えておかなければ」というプレッシャーは減ることになる。
となれば、楽観回路が働きだし、楽観的になれる。
そして、楽観的な人は幸福度が高いだけでなく、健康状態もよく、寿命も長い傾向があることがわかっている。

また、義理を欠くということは、人目を気にしないということにもつながる。
人目を気にしない人、多少変人っぽい人のほうが幸福度が高いこともわかっている。

もちろん程度問題だが、そうそう義理に縛られることもなかろうと、やや無責任に構えることは、幸せ、長寿の両方に作用してくれそうだ。

日本的な美徳は、「受けた恩は忘れず、施した恩は忘れる」だから、なかなか難しいところもあるけれどね。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

IMG_2272.jpg

妻の実家から送ってもらった山菜シリーズ 3

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア