FC2ブログ

記事一覧

ラッセルVsショーペンハウアー“関心や活動の対象は多い方がいい? 少ない方がいい?”~幸せの名言29

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでは幸福に関する名言を紹介していくことにした。
皆さんは読むことによって幸せになるだけではなく、ちょっとした雑学も身につくようになる。
もし気に入ったものがあったら、何かの折に友人にも披露して、ぜひ周囲も幸せにしてあげてほしい。
29回目の今日は、2つの名言を比較してみる。

ひとつはイギリスの哲学者、ラッセル。

“人間は、関心を寄せるものが多ければ多いほど、ますます幸福になるチャンスが多くなる。”


片やドイツの哲学者、ショーペンハウアーはこう言っている。

“すべての物事を限局するのが幸福になるゆえんである。われわれの限界、活動範囲、接触範囲が狭ければ、それだけわれわれは幸福であり、それが広ければ、苦しめられ不安な気持ちにさせられることもそれだけ多い。”


どっちが正しいのだろう。
どう考えても反対のことを言っているのだが、両方もっともらしく聞こえるあたりが名言・格言のおもしろいところだ。

僕の意見を言わせてもらえば、受け身のことがらについては、関心を寄せるものが多い方が有利なように思える。
野球で巨人ファンなら、巨人の調子が悪ければ気分が乗らないことだろう。
しかし、同時にサッカー、バスケットボールでも贔屓のチームがあれば、どれかひとつくらいは戦績を収めていそうなものだ。
そうしたら、そこに目を向ければいい。

趣味だって、体を使うものと頭を使うもの、両方あれば一番いい。
ケガをすれば体が使えないし、仕事で疲れれば頭を使いたくなくなることもある。
両方あれば、なにかしらすることがあるということになる。

しかし、活動範囲を広げすぎることには、確かにリスクが伴う。欲を言い出すと、際限がなくなるからだ。
2~3年に1回、海外旅行に行けば十分幸せだった人が、旅慣れるにつれ、年に数回出かけないと満足しないようになったりする。
これはその分幸福度が増しているのだろうか?
僕には逆に、欲望のほうが充足度より早く膨張してしまい、幸福感がついていかなくなっているように思える。

すし屋だって、近所のすし屋で十分と思っているうちが華。
町一番の味を知ってしまい、それでなければ満足できなくなってしまえば、広がったのはやはり幸福ではなく、不満感だろう。

興味の対象は幅広く、しかし行動範囲は広げすぎない。
そんなあたりが妥当な落としどころだと、個人的には思っている。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

F56450EB-F6D3-4158-B8E2-C28EA3A7DC25.jpg

新潟のソウルフード、「のっぺ」。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア