FC2ブログ

記事一覧

ヘミングウェイ “善とは何か。後味(あとあじ)の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ。“~幸せの名言26

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでは幸福に関する名言を紹介していくことにした。
皆さんは読むことによって幸せになるだけではなく、ちょっとした雑学も身につくようになる。
もし気に入ったものがあったら、何かの折に友人にも披露して、ぜひ周囲も幸せにしてあげてほしい。
26回目の今日は、アメリカの小説家、ヘミングウェイ(1899年 - 1961年)の名言。

“善とは何か。後味(あとあじ)の良いことだ。
悪とは何か。後味の悪いことだ。“


fca5b_213_efc62b36a368c3160517048d7b3e4206.jpg

善悪と言われると定義によってしまうので分析しづらいが、幸福の観点から言えば、後味は非常に重要であることがわかっている。
行動経済学者、ダニエル・カーネルマンは学生を被検者にして次のような実験を行っている。

① 痺れるほど冷たい水に両手を60秒浸す。
② 痺れるほど冷たい水に両手を60秒浸した後で、同様にとても冷たいが、少しは温度が高い水にさらに30秒浸す。

苦痛の総量でいえば、もちろん②のほうが大きい。
しかし被験者である学生に、「どちらの経験ならもう一度してもいいか」と尋ねたところ、②を選ぶ人が8割を超えたのだそうだ。
実験を終える時の苦痛が少ない分、②のほうがましな経験としてインプットされたということらしい。
映画やドラマに当てはめて考えても理解しやすい。
たとえ序盤から中盤にかけて盛り上がったとしても、それに続く後半の場面が退屈なら、作品の印象も今ひとつということになってしまう。
もちろん制作する側もそんなことは百も承知だから、ストーリーの終盤で見せ場をつくったり、最後にオチを用意したりするというわけだ。

日々の生活を後味よくするのは簡単だ。
なにごとであれ、終わりを笑顔で締めくくればいい。
そんな簡単なことで幸福度が増すのなら、やってみない手はないだろう。

さらに、マザー・テレサはこう言っている。

“人生の99%が不幸だとしても、最期の1%が幸せならば、その人の人生は幸せなものに変わる。”


終わり良ければ総て良しと考えて、そう間違いはないようだ。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア