FC2ブログ

記事一覧

今週、久々に株を少し売った。~僕がタイミング売買を続ける理由。

今週は少し株を売った。
今日は久しぶりに、投資について書きたい。

自著 “幸せの確率~あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ” でも詳述しているが、僕の投資の基本スタンスは世界株分散投資だ。
日本を含め、先進国、新興国に、それぞれの時価総額に合わせて分散投資し、世界経済の発展分を受け取るという方式だ。
株式への投資は、基本的には高リスク・高リターンなのだが、分散の度合いを強めることによってリスクは減るから、世界中の株式に分散投資すれば、リスクに対する期待リターンの割合、すなわち、リスク・リターン率を高めることができる。

これを持ち続けるのがパッシブ投資と言われ、昨今、株式投資の王道となりつつあるのだが、僕はそうはせず、一部をタイミング売買、つまり、株価が高いと思えば少し売り、それを株価低迷時の買い付け資金に回すという方法をとっている。
持ちっぱなしとどちらがいいのかは、よくわからない。
うまくいけばもちろん市場をアウトパフォームできればが、うまくいかなければ、例えば一部を売却した後も株価の上昇が続けば、その分の利益を取りそこなることになる(このように実際の損失はないが、儲け損なうことを機会損失という)。

僕がタイミング売買を続ける理由は3つある。
1つ目は、現にうまくいっているということ。
僕がアーリーリタイアに十分な資産を形成できたのは、リーマンショックあたりまで株式の購入を見送り(割高に思えたのだ)、リーマンショック以降、つまり、皆が当分経済はよくならないと判断して、株を廉価で投げ売りしている間、着々と株を購入し続けたからだ。
もし僕が、投資にタイミング売買の要素を取り入れなかったら、まだアーリーリタイアはできていないだろう。
2つ目は資本主義崩壊の可能性。
株式の価格は、もちろん状況によって増減はあるものの、長い目で見れば大体インフレ率プラス5~6パーセント程度の上昇が見込まれるとされている。
であれば、もちっぱなしでもいいことになる。
ただ、これはあくまでも、「今まではそうであった」というだけの話だ。
昨今、資本主義はそろそろ崩壊するのでは? という論調が聞かれるようになってきた。
今世紀に入ってから、株価の変動幅が大きくなったこと、あるいは、特に先進諸国において、驚くほど金利が上がらなくなったのは、その予兆の可能性があると僕は考えている。
もし本当に資本主義が崩壊するとしたら、株価はどのように動くだろうか?
おそらくは投機マネーが電子空間を暴走し、バブル生成と崩壊をくりかえすようになると予想される。
となると株を持ち続けていても、評価額が大きく上下するだけで、さっぱり資産の増加につながらなくなってしまう。
そのような状況でも、リタイア生活に必要な資金をマーケットから調達するためには、多少のタイミング売買は必要であるように思えるのだ。
3つ目は、心理的動揺を防ぐため。
アーリーリタイアした今、僕にはほとんど収入がないので、株価が暴落しても、新たな買い付け資金がない。
もしまだ現役で、給与の一部を株式に投入している状況なら、株価の下落も、安値での買い付けのチャンスととらえることができるが、収入がなければ、資産が減っていくのを指をくわえて眺めているしかなくなる。
一方、株価が高い間にその一部を売って、買い付け資金を確保しておけば、いつ暴落が来ても平気、とタカをくくることができるのだ。
もしタイミング売買によって多少の機会損失が出たとしても、マーケットの動向を動揺なく見守れる精神状態を保つことのほうが、豊かなアーリーリタイアライフを送るためには、より有益だと僕は考えている。

では、僕が実際にどのような基準でタイミング売買を行っているのか?
それについては次回書きたい。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

23C3211C-9684-465E-B24D-E6B043600C5E.jpg

これを焼くと、

0498B0C6-1053-4579-9EEE-6074191CEC7A.jpg

キャラメルアップルのクランブルケーキの出来上がり。
シナモンが効いたクランブルがサクサクっとアクセントになっている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア