FC2ブログ

記事一覧

Mくんへのサイン

昨夜。
場所はいつもの、Sバー。
一回り以上年の若い友人、Mくんから、素敵な出版祝いをもらった。

151515.jpg

「クアトロえびチーズ」という商品で、チーズペーストをえびせんべいでサンドしてある。
和と洋が見事に融合していて、これが実においしいし、見ての通り、デザインも素敵だ。

「直樹さん(彼は僕を下の名前、もちろん本名のほうで呼ぶ)のブログを読んでたら、お酒もお花も、文房具までもらっちゃっているじゃないですか。
その他のもので、って考えたら、これになっちゃったんですが・・・」
Mくんはそう言って頭をかく。
僕の冗長なブログをチェックした上で、プレゼントを奥様と吟味した上で選んでくれたというのだから、こちらとしては申し訳ないような気持ちだ。

Mくんとは4年ほど前、英会話学校で知り合った。
僕は若い頃、ロンドンに住んでいたので、英語はそれなりにいけたのだが、医師として開業した後、海外に行く時間などまったくとれない日々が続くようになり、英語を使う機会もないまま過ごしていたところ、気がついたら、うまく話せなくなっていた。
そこで、近所にあったブリッジイングリッシュスクール(以下、ブリッジと訳す)という英会話学校に、ひと時、通った。ブリッジの経営者であり、僕のクラス担当でもあったDanの教育技術はとても高く、僕はすぐに以前もっていた、英語勘のようなものを取り戻すことができた。
というわけで、その後間もなく、僕はブリッジを去ることになるが、Danとは今でも友人として親しくつきあっていて、彼は自著 “幸せの確率” にも登場している。

話が逸れた。
Mくんはブリッジに、僕より少し後に入会してきた。
彼も僕と同様、アメリカに住んでいたときには英語を話していたのに、帰国後、メンテナンスを怠っていたら、うまく言葉が出なくなったというクチだ。

言語というのは面白いもので、人の思考回路を変える。
同じ命題を与えられても、英語でのディスカッションだと、日本語で考えたときとは、結論が180℃違ってしまったりする。
だから英会話クラスだと、いつもの僕なら絶対言わなそうな意見が、口をついて出たりするし(大概、本来の自分よりポジティブだ)、普段なら人に話さないようなナイーブなことまで、さらけ出してしまうこともある。
これには、英語というファクターだけではなく、Danの巧みな授業運びも影響しているのだろう。

というわけで、Mくんとは、お互いに家族や親友しか知らないような秘密を、いくつか共有し合うことになった。
しかもそれが似たような内容だったこともあり、僕らは年齢も環境も大きく違っていたにも関わらず、とても親しくなることができた。
(Mくんに迷惑がかかると悪いので詳しくは書かないが、僕もMくんも、それぞれの親族間で深刻な問題を抱えている)。

僕がアーリーリタイアすると言ったときは、ひっくり返って驚いていた。
しかし、その後、作家を目指すと告げたら、Mくんの目はとたんに真剣なものになった。
「作家なんて、普通になれるものなんですか?」
「難しいだろうね」
僕は正直に答えた。「でも、若い頃からの夢だし、このまま挑戦すらしないで、人生を終えたくないんだ」
Mくんは無言になった。
応援したい気持ちと、引きとめた方が親切なのではないかという想いが、Mくんの中で交錯しているのがわかった。
ほとんどの友人が同じ反応を示すので、これには慣れっこになっていて、こちらもすぐに察することができる。
少しの間の後、Mくんは、僕の目をまっすぐに見据えて言った。

「がんばってください。本が出たら、絶対買いますから、サインしてくださいね。
ちゃんと目の前で、サラサラ~ってカッコよく書いてくださいよ」

その場を深刻にしないために、最後はわざと冗談めかしたように聞こえた。
Mくんが時折りみせる、このようなさりげない気遣いは、若者のそれとはとても思えない。
内面は、僕なんかよりよほど成熟しているのでは? と思うこともある。
(そして、そうであっても不思議はないような人生経験を、彼はしてきている)。

あれから1年。
僕はこのブログでも散々書いたとおり、四苦八苦しながらも、なんとか本を出すことに成功し、昨日、Sバーで、約束どおりMくんに自著を贈呈することができた。
サラサラ、とはいかなかったが、一昨日のブログで紹介した、I 画伯とJ子ちゃんにつくってもらったサインを、丁寧に描いた。

「本当に作家になったんですね」
Mくんが感極まった声でつぶやいた。

Mくんのこの言葉で、自分が作家になったのだという実感が、ようやく湧き出てきた。
ありがとう、Mくん。




ご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで10位以内に留まることができています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


聞くところによると絶賛販売中!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア