FC2ブログ

記事一覧

日本人の幸福度が低い一番の理由は、他人に寛容になれないからだそうだ。

先日、国連の関連団体が恒例の「「世界幸福度報告」を公表した。日本は156カ国・地域中58位で、昨年より4つ順位を落として過去最低となった。
元記事

日本人の幸福度は意外と低く、上位は毎年、ほぼ北欧の国々で占められていることは、このブログでも再三書いてきたとおりだ。
以下は記事からの抜粋。

“報告の基になったデータは米ギャラップ社の世論調査で、各国・地域の各3千人程度が16~18年、現在の生活の満足度を「0~10」で答えたもの。国連の関連団体「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク」がその値について(1)1人当たりの国内総生産(GDP)(2)社会的支援の充実ぶり(3)健康寿命(4)人生の選択の自由度(5)寛容さ(6)社会の腐敗の少なさ、の6項目を用いて分析を加えた。
日本は健康寿命で2位、1人当たりGDPで24位となったものの、人生の選択の自由度(64位)、寛容さ(92位)が足を引っ張ったとみられる。“

****************************************

選択の自由度、寛容さが諸外国と比べ低いことについては、今さら説明するまでもないだろう。
雇用の流動性も低いし、そもそも日本人は世間の目を気にする傾向があるから、なかなか思い切った選択をしづらい。
他者に対する不寛容さについては、ネット社会の広がりと相まって、年々ひどくなってきているように思える。

よくよく考えてみれば、もったいない話だ。
日本は他の項目では、かなり恵まれている。
1人当たりGDP、健康寿命、社会の腐敗の少なさ、といった、個々人の力では改善しがたい課題において、常に上位に位置しているのだ。
一方で足を引っ張っている、選択の自由度、寛容さは、自分でなんとかしようと思えばできなくもない。

豊かな国に生まれたことを最大限利用して経済的独立を得る。
その上で自由な選択を享受しながら、他者に寛容に生きればいい
そう考えると、やはりアーリーリタイアは検討すべき選択肢と言えるのではないだろうか?

選択の自由度については、”"幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ"”のメインテーマになっているし、寛容さと幸福については、”4週間で幸せになる方法 Twenty-eight tips to create joyful life”の中で触れている。

僕ら日本人が幸福な日々を送るための、ウィークポイントを補う自著2冊。
ぜひ一度、手に取ってほしいと願っている。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

IMG_1434.jpg

古津八幡山遺跡横、弥生の丘展示館にて。
自然の素材を使って家族で工作。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア