FC2ブログ

記事一覧

長男を起こすのに、彼が見ている「夢」を利用してみた

我が家には中2、小4、小2の3人の息子がいる。
このうち中2の長男の寝起きが悪く、毎朝起こすのに苦労している。

遅くまで勉強しているので朝がきつい、などといった殊勝な息子ではない。
遅くとも11時には寝ている。
それに夕方、学校から帰った後は必ず昼寝をする。
それでも朝起きられないのだから、そういうタチであり、また、そういう年齢なのだと考えるべきなのだろう。

とそんな中、昨日、いつも通り長男を起こそうと声を掛けたところ、訳のわからない返事が返ってきた。
「母さんは出るかどうか、聞いてきて?」

???
一瞬なんのことかととまどったか、ははあ、これは夢を見ているのだなと察した僕は、やや悪趣味とは思いながらも、そのまま夢うつつの長男と会話を続けてみることにした。

「出るって、何に出るの?」
すると長男は、「落語」と答える。
落語に出る? まったく輪郭がつかめない。
「母さんが落語に出るって、どういうこと?」
と僕が畳みかけると、今度の返答は、
「バトルだから」

落語でバトル?
落語のM1グランプリみたいなものなのだろうか?

「それはつまり、落語で競う大会なのかな?」
と問いかけると、
「そうだよ」
と、何を今さら、という感じの答えが返ってくる。

「父さんは聞いてないから、多分、母さんは出ないと思うぞ」
「そうかあ・・・」
「で、お前は出るのか?」
「うん」
「へえ、なんのネタをやるの?」

そう詰め寄ると、長男はそこで初めて夢だと気づいたらしく、ゲラゲラと笑い始めた。
「そうだよね、そもそも落語なんかできないよね」

結局それではっきり目が覚めたらしく、すんなりとベッドから降りてきた。
いつもなら5分おきに何度も声をかけないと起きられないのに・・・。
これはいい手かもしれない!!

というわけで、今日もこれから、夢の内容を探りつつ起こせるか、試してみるつもり。
結果は明日の記事で!




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

2019030117590001.jpg

近所の公園にて。
日が長くなってきたので、夕刻の散歩が楽しい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア