FC2ブログ

記事一覧

今日はちょっとびっくりの名言本を紹介します!

最近、幸福の名言を紹介し、それについて幸福学のデータから解説を加えるという記事づくりをしている。
ネタ探しの一環として、増井金典著『名言・格言・ことわざ辞典(ミネルヴァ書房)』という本を図書館で借り、先ほどから読んでいるのだが、これがなんともすさまじい。



まずは名言、つぎにそれを言った人物名、最後に増井氏による解説が続く構成になっている。
その一部を紹介したい。

p102

“幸福であるために方法は、他の人たちを助けて幸福にさせることである。
 インガーソル(アメリカ)
他を助けて幸福にさせることが、幸福になる方法だと、いうのである(←内山注、この部分が著者の解説)。

幸福であるには、2つの道がある。欲望を減らすか、持ち物をふやすかすればよい。
 B・フランクリン(アメリカ)
幸福になる方法。一つは、欲望を減らすこと、二は、持ち物をふやすことである。

幸福とは、自分の分を知って、それを愛することである。
 ロマン・ロラン(フランス)
自分の天性や天分を知って、それを愛することだ。

幸福とは、不幸の休止期間に過ぎない。
 ドン・マークィス(アメリカ)
当然のことを述べた名言。不幸でない時が幸福である。“



もうお気づきのことと思うが、解説がさっぱり解説の体をなしていないのである。
いらないどころか、はっきり言ってないほうがマシだ。
でも最後の、「不幸でない時が幸福である」では、思わず吹き出してしまった。
「当然のことを述べた名言」って何よ?
それに僕の解釈では、これはそういう意味ではなく、「幸福はほんのひと時で、すぐに過ぎ去るものである」ということを暗喩しているのだと思うが・・・。

こんなところもある。

“幸福は、コークスのようなものだ。何か別のものを作っている過程で、偶然得られる副産物なのだ。
 オールダス・ハクスリー
幸福は、何かをしようとしていて、偶然得られる副産物のようなもの。“


解説でもなんでもない。
ほぼ復唱しているだけだ。
どうせなら、「コークス」とは何かを説明すればいいのに・・・。

どういう経緯でこの本の企画が通り、なぜこの原稿でOKが出たのか、僕にはまったくの謎だ。
さらに謎なのは、この本をいったい、誰が買うのか・・・。
というのも、この本はなんと4000円近くするのだ!

まてよ、ということは、この本がこのブログ経由で購入されると、1冊につき僕の懐に100円入ることに・・・。
そんなわけで、あなたも1冊、話のタネにどうですか?(笑)




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

IMG_1516.jpg

妻の特製ラザニア。
バターたっぷりめで作ったホワイトソースと、オレガノが効いたミートソースが絶妙なハーモニー!
・・・だそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア