FC2ブログ

記事一覧

サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想について

今日は瞑想について書いてみる。

自著、「4週間で幸せになる方法」、あるいはこのブログを通じて、瞑想に興味をもってくれた人がどのくらいいるだろうか?
いるとしたら、うまくいっているだろうか?

僕自身が瞑想に興味をもち始めた頃、最初に困惑したのは、本によって言っていることがどうも違うようだ、ということ。
「無」を目指せ、という本もある一方、雑念が浮かんでもいいから、それに「気づき」を入れるのが肝心、という本もある。
僕自身、そこで混乱し、時間を無駄にしてしまったという経緯があるので、皆さんが同じ轍を踏まずにすむよう、その後僕が学んだことを記しておく。
(細かいことはあえてスルーして、理解しやすさを主眼にした大雑把なものなので、詳しい方からは異論もあろうかと思うが、そこは趣旨をご理解の上、容赦していただきたい。)

さて、僕が調べた限りで言えば、やはり瞑想には大きくわけて2種類あるようだ。
ひとつはサマタ瞑想。
これは集中し、こころを無にする瞑想。
日本では瞑想と言えば、こちらが一般的なように思える。
呼吸に注意を集中し、感情・思考・身体感覚が感じられて注意がそれたら、呼吸に注意を戻し、無の状態を目指すというものだ。
眠くなることもあるが、寝てはいけない(それでは単なる昼寝になってしまう)。
集中を維持するためにマントラを使ったり、ろうそくの炎を見るなんていう手法もある。
禅やヨガの瞑想はこちらと言ってよさそうだ。

もうひとつは、ヴィパッサナー瞑想。
伝統仏教からくるもので、自分の無意識を意識にあげて気づきを得るというもの。
心の中に浮かんでくる感情・思考・身体的な感覚を観察し、ありのままを受け入れる。
こちらでも、やはり雑念に流されてはならない(それでは単なる考え事になってしまう)。
最近流行のマインドフルネス瞑想はこちらで、ヴィパッサナー瞑想から宗教色を取り除いたものとされている。

サマタは「止」。
ヴィパッサナーは「観」。

では、どのようなタイプの人が、あるいは何を求める人が、どちらの瞑想を行えばいいのか?
これは実に難しい。
伝統仏教の出家者はヴィパッサナー、禅宗、曹洞宗ではサマタ瞑想しかしないので、両方を経験した上で、比較検討できる人がいないのだ。
そんな中、僕が知る限りで唯一の例外なのが、山下良道氏。
曹洞宗僧侶でありながら、ミャンマーで伝統仏教の修行もしたため、両方の瞑想に詳しいのだ。

その山下氏の結論は、著書「光の中のマインドネス(サンガ)」に記されている。
どれが正しい、ではなく、すべて必要。
まずマインドフルネス瞑想で雑念を封じ、慈悲の瞑想をした後、サマタ瞑想に入るべきだとの主張だ。
この本もまた、滅法おもしろい。
瞑想に興味がある人、とくに現在、情報過多で「迷走」しちゃっている人には絶対にお薦めの1冊だ。







本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

IMG_1449.jpg

ひな祭りスイーツ 2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア