FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同時受賞となった第160回芥川賞作品2作を読んでみて。

文藝春秋3月号を購入した。

3月号、9月号は芥川賞が発表され、全文が掲載される。
文藝春秋の値段は税込み1,000円だから、単行本を買うより安い。
特に今回のような2作同時受賞の時は、割安感が増す。
ここまでコスパが良ければ、いかに吝嗇な僕とはいえ、買わない手はない。

それに加え、選考委員による評がまたおもしろい。
候補作がどのように評価され、受賞、あるいは選外となったのかが実にリアルに記されている。
さらにもちろん、他の号同様、通常の記事も読むことができる。
3月号では、「レーダー照射事件全真相」、「AI無脳論」、「松本人志と鶴瓶の対談」などが興味をそそる(まだ読んでいないが)。



まず読んだのは、そもそもの目当てである芥川賞受賞作品の2作。
上田岳弘著「ニムロッド」と町屋良平著「1R1分34秒」。

両作とも、残念ながら僕にはピンとこなかった。

勘違いしないでほしいのだが、僕は上から目線で「こんなものはダメだ」と言っているわけではない。
どちらもすごさはヒシヒシと伝わってくる。
「ニムロッド」はスケールの大きな作品で、崇高ささえも感じさせる。
「1R1分34秒」は描写が細かく、実にリアルだ。
ただ僕自身はさっぱり胸が躍らなかったというだけだ。
芸術には好みがあるから、そこはしょうがない。

僕自身、以前はよく小説を読んだ。
若い頃は自分でも何作か書いて、出版社が主催する文学賞に応募したこともある(全作、見事に落選した)。
ところが最近はさっぱり小説から遠のいている。
一番の理由は、自分の本を書くための資料を読み込むのに追われ、フィクションを手に取る余裕がなかったから。

しかし今は出版も一段落した。
そこでこれを機に、ある程度まとめて小説を読んでみようと思い始めている。
アーリーリタイアした身、時間はいくらでもある。
そしてもし十分なモチベーションが湧くようなら、書くことにもチャレンジしてみるかもしれない。
今さら新人賞がとれるとは思わないが、自分が創造する世界にどっぷりと浸るというのもなんだか楽しそうだ。

次回は芥川賞についてもうひと記事、選考委員からの評で興味深かったことを紹介したい。



本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

2019022810340000.jpg

写真がピンボケなのではなく、こういう表紙なのです(笑)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。