FC2ブログ

記事一覧

アーリーリタイアして3年たつが、今でも繰り返し見る悪夢がふたつある

現在ちょうど50歳。
アーリーリタイアしてちょうど3年たつが、今でも繰り返し見る悪夢がふたつある。


4c92f46b8ea2d1ffc16055f7fd0f2357_s.jpg


ひとつは、高校生に戻るというもの。
ただし、なぜか年齢は今のままだ。
学校に行きたくないなあ、でも出席日数足りるかなあ、まずいなあ、とウダウダ思い悩むという、なんともしまりのない夢だ。

実は高校時代、僕はけっこう学校をさぼった。
不良だったわけではない。
授業をうけるよりも、家で勉強をしたほうが効率がいいように思えたのだ。
答えは全部、教科書やサブテキストに書いてあるのに、わざわざ学校に行って教師のペースにあわせて学習するのが、どうにも性に合わなかった。
親も、僕が部屋で勉強をしたいだけだとわかっていたので、あまりうるさく言うこともなかったし、自由な校風の高校だったので、なんのお咎めもなかった。
ただし、もちろん学科ごとに規定された、最低出席日数はクリアしなければならない。
うっかりすると、どれかが足りなくなるかもしれないと心配し、計算をしながらさぼっていたから、その頃の後ろめたい記憶が、大学受験のプレッシャーと一緒になって、脳の奥深くにひそんでいるのだろう。

大学受験は、本当に大変だった。
僕は決してIQが高いタイプではないので、医学部に合格できたのは、ちょっとした奇跡かもしれない(その分、入学後は優秀な同級生たちに囲まれ、苦労することになる)。


もうひとつの悪夢は、医局に戻るというもの。
今はずいぶん変わったが、僕が医者になったころは、卒業後、まずは大学病院で希望する診療科の「医局」に入局する、というシステムだった。
医局によってルールは違うが、「最低7~8年はいなければならない」「専門医試験に通らなければ辞めてはならない」といった、ヤクザの足抜けを思わせるような不文律がまかり通っていた。

医局という縦社会がそもそも苦手だったし、研究や学会発表に追われるストレスも大きかったので、僕は猛スピードで学位(博士号)、専門医資格を取得し、7年で医局を去ったのだが、その直前に幼稚な権力闘争に巻き込まれたのが原因で、半ばケンカ別れのような辞め方になってしまった。
(皆さんにも容易に想像がつくだろうが、高IQ社会にはあきれるほど幼稚な人間も多い)

ただ当時から、権威のようなものには何の興味もなかったので、まあ、いいや、一匹狼でやってやる、と気楽にかまえることにした。
僕にとっては、医局という後ろ盾を失うよりも、自由のほうがはるかに大切だった。

当時の医局員は、とにかく労働時間が長かった。
夜9時前に帰ることが許されるのは、幼い子供がいて帰らざるをえない女医さんくらい。
大体10時か11時くらいまで仕事をすることが多かったと思う。
土曜、日曜も半日とはいえ、仕事があった。
論文を書くのは好きだったが、僕に研究センスがあるとは思えなかったし、動物実験や、放射性物質を使う実験には、最後まで慣れることがなかった。

夢の中で、僕は医局員になっている。
同時に、開業医もしている。
開業はしたものの、早く医局を辞め過ぎたぺナルティーとして、週に何回かは大学病院で働かされているようだ。
検討会では新人たちと並んでプレゼンをさせられる。
先輩医師たちがぶつけてくる、意地悪な質問。
なんと答えたらいいのか、さっぱりわからない・・・。

夜中、汗だくで目を覚まして、気づく。
僕はもう医局を辞めているのだ。
それどころか、すでにアーリーリタイアしていて、開業医の職すら辞しているではないか!
なんとも言えない幸福感に包まれる。

そういう意味では、悪夢もたまには悪くないのかもしれない。
アーリーリタイア直後の解放感を、擬似的にではあるが繰り返し味わえるのだから。


それにしても、僕はいつまで、これらの夢を見続けるのだろう?
大学受験、そして、若き医師時代の大学病院勤務は、僕にとってそれほど苛酷な経験だったようだ。
二度としたくはないし、我ながら、よく切り抜けたものだと思う。
時々忘れたくなる、でも、おそらくは忘れてはならない、僕の人生の1ページだ。

アーリーリタイアして、本まで出して、いいご身分だねえとヤッカマレルことも、たまにある。
もちろんにこやかに対応するが、虫の居所が悪い時など、心の中でこう呟くこともある。

これまでの人生で、僕がどれだけの努力を重ねてきたと思っているんですか? と。





本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア