FC2ブログ

記事一覧

Facebookを使えば使うほど人は悲観的になる

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。
今回紹介するのは9冊目、マイク・ヴァイキング著「デンマーク幸福研究所が教える「幸せ」の定義(晶文社)」。



「世界一幸せな国」と呼ばれるデンマークで、「幸福研究所」のCEOを務める著者による本で、どちらかというと、あまり幸福学の知見に触れたことのない人に向けて書かれたもののようだ。
この中で、SNSと幸福との関係が興味深かったので、引用する。

p163

“この調査によると、たとえばFacebookの利用と生活満足度には、明らかな相関関係が見られました。Facebookを使えば使うほど、人は悲観的になるのです。その2週間、Facebookを使用する頻度が高ければ高いほど、幸福だという感情が湧きにくくなることが分かりました。”


そして、Facebookの使用を一旦休止するように言われた被験者は、Facebookを使い続けたグルーブに比べ、生活満足度も集中力も上がったとこと。
SNSには他人より優位に立つための道具という側面があることは、皆が(渋々ではあっても)認めるところだと思う。

次章ではこんな文章も。
p176

“周りの人からの影響も重要性を持つでしょう。私たちは自分自身と他の人の人間関係を比べることもあります。孤独の研究により、1年のうち孤独を最も感じやすいのは、春と夏であることが分かりました。これは孤独な人たちが、寒い季節よりも、春と夏のほうが公園や海岸などの公共空間で他の人たちが交流する様を目の当たりにしやすいからです。
ソーシャルメディアでも原理は同じです。他の人たちが豊かな人間関係を送っていると絶えず思い知らされることは、孤独な人たちに、より一層孤独を感じさせ、幸福度にネガティブな影響を及ぼします。“


僕自身、ヘビーユーザーではないが一応はFacebookアカウントをもっており、友人の近況はたまにチェックしている。
ただしそれによって、うらやましく思ったり、悲観的になっていると感じたりすることはない。
なぜだろう?
自分自身がかなり変わった生き方をしているので、周囲の人と比べてもしかたがないと納得しているからか?
あるいは、SNSに上げるのは「皆に見てもらいたい」側面であるにすぎないことを実感しているからか?

人はSNS利用によって不幸になる、というなんとも居心地の悪い真実。
身に覚えのある人は、利用方法を一度しっかりと考え直してみるといいかもしれない。





本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

IMG_1158.jpg

我が家のタコライスはヘルシーにチーズ抜き。
その代わりワカモレをたっぶり!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア