FC2ブログ

記事一覧

秋元康 “自分の幸せが定義付けできない人は、何も手に入らない“~幸せの名言10

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでは幸福に関する名言を紹介していくことにした。
皆さんは読むことによって幸せになるだけではなく、ちょっとした雑学も身につくようになる。
もし気に入ったものがあったら、何かの折に友人にも披露して、ぜひ周囲も幸せにしてあげてほしい。
10回目の今日は、作詞家、音楽プロデューサー、秋元康(1958-)の言葉。

“自分の幸せが定義付けできない人は、何も手に入らない。
大事なのは、自分にとって何が幸せなのか、どうすればドキドキできるのかを、しっかり理解しておくことです。”


本当に、そうだろうか?
僕はちょっと懐疑的だ。

たとえば、ある人がギャンブルこそが自分の幸せと信じているとする。
それが一番ドキドキする、と。
であればどんどんギャンブルをしなさい、とは僕なら言わない。
つまり、「自分の幸せの定義づけ」自体が、そもそも簡単なものではないのだ。

僕らが幸せについて考えるとき、常に遺伝子が邪魔をしてくる。
もしも平穏な日々が幸せだと感じたとしよう。
僕らの遺伝子はそのまま放っておいてくれるだろうか?
答えは「否」だ。
遺伝子にとってみれば、宿主たる生物(すなわち我々)は、物質的な豊かさ、社会的地位、性交のチャンスといったことに、よりどん欲であることが望ましい。
そうでなければ、自らを増幅することができないからだ。

自分の幸せを自分で定義しようと思ったら、それこそ瞑想の合宿にでも行って、邪な自我に惑わされない訓練でもしない限り、そう簡単にはいかないだろう。
そこがわかっていないと、人によっては秋山氏の言葉を聞いて、
「もっと飲み会に行こう!」
「多少あくどくても金儲けが最高!」
「人の目を惹くような宝飾品をもっと身につけなきゃ!」
などと、本当に幸せにつながるのかはなはだ疑問な解釈をしてしまいかねない。

フランスの哲学者、ジャン=ジャック・ルソー(ジャン=ジャック・ルソー)はこう言っている。

“人はつねに自分の幸福を望むものだが、つねに幸福を見分けることが出来るわけではない。”

どうやったら自分の幸せのありかをみつけられるか。
遺伝子が求める欲望と、個々人の幸福感とがずいぶんと異なることが近年、研究によって明らかになってきている。
そういったことを解説した本は山ほどあるから、一度その手の書に目を通した上で、ご自身の心に向き合ってみてもらいたい。
もちろん自著”4週間で幸せになる方法 Twenty-eight tips to create joyful life
もそう悪くない、とさりげなく宣伝をしたところで、今日のブログはお終い(さりげないか?)。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

IMG_1015.jpg

お寿司シリーズ、自分でもイライラしてきた(笑)。
僕も食べたいなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア