FC2ブログ

記事一覧

雑誌取材を機に、「これからの子供たちに歩ませたい、ベストな人生とは何か」について考えてみた

今日とある雑誌から、「これからの子供たちに歩ませたい、ベストな人生とは何か」というテーマで取材を受ける予定でいる。
ワークライフバランスが取れていればいいのか、やりがいのある仕事に就ければいいのか、とにかく年収が高ければいいのか、様々な視点から「幸せな働き方」を探るという内容とのこと。
その中で、「アーリーリタイアすることが幸福を掴む一つの選択肢ではないか」という内容を盛り込むことになり、僕に白羽の矢が立ったのだそうだ。
このことを機に色々と考えることになったので、まとめてみた。

まずは仕事を選ぶ上で何を最優先させるべきかについて。
僕は「好きかどうか」がぶっちぎりで重要だと考えている。

そもそも好きな仕事で食べられれば、それで問題ないではないか?
遊んで暮らしているようなものだ。
現代社会では、ほとんどの人が自分の持ち時間を、仕事>睡眠>余暇、の順で配分している。
仕事を楽しめるかどうかは、人生の幸福度を左右するもっとも重要な事項のひとつと考えて間違いない。

しかも「好きかどうか」で仕事を選ぶと、その分野で成功する確率が高くなるのだそうだ。
「好きかどうか」は心理学で「内発的動機づけ」と呼ばれる。
「好き」という動機で仕事をしている人は、「収入」「社会的地位」といった動機で仕事を選んだ人と比べ、出世したり、仕事が長続きしたりする可能性が高いのだそうだ。
さらに興味深いのは、「好き」という理由だけで仕事をしている人と、「好き」であるだけでなく、「収入」「社会的地位」という他の理由もあって仕事をしている人とを比べた場合。
なんと、理由が「好き」だけの人のほうが、成功することが多いとのこと。

このことから仕事選びはとにかく好きかどうかが重要で、他の動機は意味をなさないどころか、邪魔になる可能性すらあることがわかる。
僕自身、50歳前に開業医の職を辞すことになったが、確かに内発的動機づけは弱かったと思う。
患者さんの役に立つ喜びはあったし、医師としての適正もそこそこあったとは思っているが、診察という作業が無条件で「好き」だったかどうかと言われると、首を捻らざるをえない。
逆に今の原稿を書いたり、本を出したりする仕事は、適性の有無には疑問符がつくものの、確かに楽しい。
今後、「好きこそものの上手なれ」となるといいのだけれど。


というわけで、まず大切なのは好きかどうかが重要。
ただし、皆が「大好き」な分野で食べていけるわけではない。
そこで初めて「ワークライフバランス」や「アーリーリタイア」の話が出てくるというわけだ。

アーリーリタイアに関しては、その意義や達成法を自著、”"幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ"”にぎっちりと詰め込んであるので、興味のある方はぜひ手にとってみてもらいたい。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

関連する新聞記事
2018年1月10日 新潟日報 朝刊
2019年1月23日 新潟日報 朝刊




アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報 書評
医師会報

2019012411220000 (2)

1月23日付け、地元紙・新潟日報朝刊に掲載していただいた。
ありがたや~。
載ることを事前に聞いていなかったので、僕自身も朝、新聞を開いてびっくり。
こんなこともあるのね(笑)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア