FC2ブログ

記事一覧

人間の心は専門化された機能単位からなっていて、行動を決定づけるのはそれらの相互作用にすぎない!?~ なぜいま、仏教なのか3

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでも、幸福に関係しそうな本を紹介してみることにした。
今週、引用しているのは、ロバート・ライト「なぜ今、仏教なのか(早川書房)」。
原題は過激で、「Why Buddhism Is True」。
なぜ仏教は真実なのか、というものだ。



昨日から「無我」についての部分を引用していて、今日は予告通り「モジュール」に触れる。
個人的には「ウヒョーッ!」となるほど興味深い。

p110

“心理学、とくに進化心理学の分野で一般的になりつつある答えは、心が「モジュール」的な構造をしているというものだ。この考え方では、人間の心はたくさんの専門化されたモジュール―状況を判断して対処するための機能単位―からなっていて、人の行動を決定づけるのはこうしたモジュールの相互作用だ。そして相互作用の大半は本人が意識することなく起きている。”


心はモジュールからできているが、僕らはどのモジュールを優位にするか選択をしていないどころか、そのようなものに気づいてすらいない。
では、モジュールはどのように分かれているのか。
これは一説に過ぎないが、ケンリックとグリスケヴィシウスはこう考えている。

p127

“ふたりは心を7つの「下位自己(内山注;ほぼモジュールと同義)」にきれいに分割している。それぞれの下位自己は、自己防衛、配偶者獲得、配偶者保持、協力関係、親族養育、社会的地位、病気回避、という任務をおびている。”


たとえばロマンス映画を見ると、その後、人は自分では意識していないものの、短期的に人ごみ嫌いになり、静かな場所を好むようになるそうだ。
これは配偶者獲得モジュールが優位になり、ライバルがおらず、親密な行為に及びやすい場所を求めていると説明される。
逆にホラー映画を見ると、人はやはり無意識のうちに人ごみを好むようになる。
こちらは自己防衛モジュールが優位になるからだ。
見た映画の種類によって、僕らは自分でも理由を知らないまま、いつの間にか人ごみが好きになったり、嫌いになったりするというわけだ。
「確固たる自我」の存在など、はなはだ怪しいということになる。

次回、自我についてさらに引用し、この本の紹介を終える予定だ。





本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

マスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
医師会報
新潟日報


2018121816560000.jpg

北陸の冬は日照時間が短い。
ただしアーリーリタイアして気づいたのだが、晴れ間がまったくない日はむしろ少ない。
そこでこの冬は、少しでも日が差したらすかさず散歩をするようにしている。
日に当たることは大切だ。
これもアーリーリタイアの特権?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア