FC2ブログ

記事一覧

ゲーテ “世の中のことは何でも我慢できるが、幸福な日の連続だけは我慢できない。”~幸せの名言4

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。
そこで本ブログでは幸福に関する名言を紹介していくことにした。
皆さんは読むことによって幸せになるだけではなく、ちょっとした雑学も身につくようになる。
もし気に入ったものがあったら、何かの折に友人にも披露して、ぜひ周囲も幸せにしてあげてほしい。
4回目の今日は、ゲーテ(1749年 - 1832年)。詩劇『ファウスト』などで有名な、言わずと知れたドイツの文豪だ。
名言は、これ。

“世の中のことは何でも我慢できるが、幸福な日の連続だけは我慢できない。”


言いたいことはわからないでもない。
たとえば、食卓にはご馳走と美酒が溢れ、窓からの景色は素晴らしく、好きなようにして過ごせる環境にいたとしたら。
もちろん、たまにはそんな日もいいが、そんな日ばかりが続いたら、我慢ならないほど飽き飽きとしてしまうことだろう。
実は幸福学の研究でも、ある程度我慢を強いられ、選択肢が多すぎない人のほうが幸福な傾向があることがわかっている。

ただ、これは「幸福」の定義次第だ。
僕は医師のくせにドイツ語が読めないので(すいません)、幸福と訳された元の言葉がもつニュアンスまではわからないが、おそらくゲーテは幸せを、「物質的に満ち足りた平和な日々」と定義づけたのだと思う。

でも、僕の考える「幸福」は、そのような環境とはまったくことなる。
たとえば、未知の分野にチャレンジすることだって、大いなる幸せだ。
その結果、手にすることになる成功はもちろん幸せをもたらすが、もっと大きな幸せは結果ではなく、(以前にも書いてきたように)努力の過程にこそあるというのも、これまた幸福学の知見。
幸福をそのように定義すれば、そんな日々の連続は大いにウェルカムだ。

もしゲーテに、
「幸福とは、あなたが『若きウェルテルの悩み』の原稿と格闘していたときのことを指すのだと思いますよ」
と意見したら、どんな顔をされるだろうか?

あるいはセミリタイア希望者にとって、実現する将来よりも、それに向けて試行錯誤している今にこそ幸せがあるとしたら??

そんなことを夢想しながら幸福学のデータをひも解くのは、なかなかに楽しい作業である。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!






アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

マスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報



IMG_0256.jpg

昨日の甘味。マロンゴールドのスイートポテト。
ねっとり濃厚。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア