FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もっと遊ばなければ」との決意を新たにしたイベントであった ~ 児童による合奏の大会を見学して

先週末、新潟県学校器楽合奏大会なるものが開催された。
新潟県内の小学校を中心に、合奏サークルが参加する音楽コンテストで、我が家からは小学校の合奏部に属している10歳の次男がバイオリンで出演。
もちろん家族で応援に出かけた。

小学生による、しかも、個人的にレッスンを受けているわけではない児童たちが主体の演奏だから、そうレベルが高いわけではない。
しかし、どの団体からも、指導者の苦労や工夫、それにもちろん子供たちのがんばりのほどが伝わってきて、聴いていて飽きることがなかった。
どの子も、そしてどの先生も(笑)、緊張で引き締まった、実にいい顔をしている。
最近の僕にはない表情だ、と少し反省。
本当に、いいものを聴かせてもらった。

こういった子供のアクティビティに参加するのが、以前は苦手だった。
せっかくの休日を潰して、なぜ稚拙な演奏を聴きに出かけなければならないのか、とついネガティブに考えてしまう。
仕事からのストレスが強すぎて、このようなイベントに面白みを感じるだけの心の余裕がなかったのだろう。
今思えば、なんとももったいない話だ。
子育ての苦労ばかりが重くのしかかり、そこからの喜びを感じ取る余裕がないというのでは、本当にシャレにもならない。

どのグループの演奏もよかったが、特に次男が所属する合奏部の演奏は見事なものだった。
通っているのはごく普通の市立小学校なのだが、市の中心部に位置しているためか、教育熱心な保護者が多く、個人的に音楽を習っている生徒の割合が高いのだろう。
個人的な演奏レベルが他とは違うように思えた。
指導にあたる先生がまた、情熱的だ。
そういえば、その先生も赴任してきた時は、
「小学校の合奏部で、バイオリンを6挺使うなんて、ここ以外では考えられません」
と目を丸くしておっしゃっていたとか。

息子たちの合奏がひと際よく聴こえたのは、贔屓目になっているからもあるのだろう、と期待せずに結果発表を待っていたら、結果は見事、優勝であった。
まんざら親バカというわけでもなかったようだ。
これまで次男は散々、「昼休みも放課後も、ずっと練習で大変」とこぼしていたし、時には「もう辞めたい」と涙することもあり、そのつど妻と一緒に励ましてきたから、努力が実ったことを知り、僕の方が目頭が熱くなった。
ところが張本人の息子のほうはというと、実にあっさりとしたもので、
「そりゃ、そうでしょ」
と、特段感慨もなさそうな様子。
この幼さで、そんな自信を内に秘めていたのなら、たいしたものだ。
僕の知らぬところで、子供は着実に成長しているのかもしれない。
もっとも次男の性格からして、単なる照れ隠しだった可能性もあるが。


今週は小学校の音楽イベントがもう1つある。
来月は所属する海洋クラブの音楽会と、長男が所属するジュニアオーケストラのクリスマスコンサート。
さらに年明けは早々に、息子たち3人が所属するバイオリン教室の発表会と、我が家は音楽イベントが続く。
特に海洋クラブの音楽会では、会長から僕もピアノを弾くよう迫られていて、目下、逃げ回っているところだ。
意外に思われるかもしれないが、人前で何かをするのは、いまだに苦手だ。
こういうことを機に、あがり症を克服しようと努力するのも手だと思うが、もう50歳になったことだし、苦手は苦手のままでいいか、という気もしている。
さて、ピアノ。どうしたものか?

ついこの前までヨット、ここしばらくは音楽で、その後はすぐにスキーシーズン。
忙しさで目が回るような日程だが、妻がアクティブな性格の人で、大半を引き受けてくれているので助かっている。

気持ちを正しく保ちさえすれば、世の中はおもしろいことで溢れていることに気づく。
せっかくのアーリーリタイアライフだ。家族と、そして友人たちと、もっともっと遊ばなければ。
次男が所属する合奏部の優勝を契機に、決意を新たにしているところだ。
遊ぶ決意ってのも、妙な話だけどね。




本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





いよいよ発売開始!
幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

マスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報


IMG_7051.jpg

成長とともにサイズの変わるバイオリン。
親泣かせだ(笑)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。