FC2ブログ

記事一覧

日に当たり、体を動かし、家族や友人を大切にする。それができないほど忙しいなら、仕事を減らすべき!

昨日少し飲み過ぎたのか、頭が少しフワフワしている。
近所のワインバーへ、マスターのIさんに出版の報告がてら顔を出した。
マスターの本業はイラストレーターで、ミュージシャンでもある。
僕が医師の職を辞し、クリエイティブなことをやりたいと考えるようになったのは、彼からの影響も大きい。
そのワインバーで気持ちよく祝ってもらい、いささか飲み過ぎたというわけだ。

ただし、二日酔いというほどではない。
考えてみれば、アーリーリタイアして以来、二日酔いというものをほとんどしなくなった。
現役医師時代は、飲みに出れば大抵は午前様で、翌日は二日酔いだったような気がする(もちろん休みの前しか飲みには行かなかった)。
それだけストレスが強かったのだろう。
溜まった鬱憤を晴らすための酒は、どうしても行き過ぎる。
我ながら、実によく飲んだ。

朝まで飲むことも度々あった。
クラブがはけたあと、お姉さまとはしご酒。
最後の店を出た時、すでに日が昇っているのを見て、
「朝帰りかあ。浮気でもしてたんじゃないかと妻に勘違いされると困るな」
そうつぶやくと、その子が
「奥様に疑われないように、持って行って」
と言って、他の客からもらったという、土産の餃子を押し付けてくる。
ありがたく頂いたが、なぜ餃子を持って帰ると浮気しなかったことになるのか、よく考えるとわからない。
お互い酔っていたのだろう(そりゃ、間違いない)。

飲むときは、2升まではいかなくとも、1升半くらいはいけた。
今は1晩で1升などとても飲めない。
5~6合も飲めば、ハラホラヒレ・・・となる。
そしてこの量では、二日酔いにはならないところを見ると、僕の二日酔いラインは6合から1升の間のどこかにあるようだ(もちろん体調にもよる)。
飲むための体力が落ちたとは思わない。
運動量が増えた分、むしろ以前よりもあるくらいだ。
酒の飲み方に関しては、やはりストレスが減ったことが大きいように思える。

僕のクリニックはありがたいことに人気があったから、多いときは半日で約200人の患者さんが受診された。
よくあれだけ仕事をして、あれだけの酒を飲んだものだ。
今の僕の暮らしぶりから考えると、正気の沙汰とは思えない。
あのままの生活を続けていたら、本当に今頃は倒れていたかもしれないと思うと、ぞっとする。


暮らしをまっとうなものにするのは、今考えれば簡単な話だ。
適度に日に当たり、体を動かし、家族や友人とのひと時を大切にする。
この3つさえきちんとしていれば、健康面でも、精神面でも、安定した状態を保つのはそう難しくはない。
食べるためではなく、社会的地位、あるいは高価な車や服を得るために、ぎりぎりのところまで自分を追い込むような働き方をするのは、やはり真っ当なことではないと思う。
過剰な欲望や、人工的な便利さに溺れてはいけない。
そういう生活を続けると、人間の肝心なところが崩れて、バランスがおかしくなるように思える、などといったら、最新技術についていけない中年の戯言に聞こえるだろうか?

少し酒が残った、ふわふわした頭で書いているので、どうにもまとまりのない記事になってしまった。
皆さん、よい1日を!
僕はベッドに戻ります・・・。



本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


43585278_1986356318123233_1713988093394026496_n.jpg

名演技!





いよいよ発売開始!
幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!





アーリー/セミリタイアを目指す人はもちろん、
お金に束縛されず、心豊かに過ごすことを望む
すべての人に、ぜひ読んでほしい1冊です。

マスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア