FC2ブログ

記事一覧

コスパ最強! 前作“幸せの確率”を出してから2年近くたつけど、相も変わらず公園に通ってます!

自著、"幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ"にはこんな箇所がある。

*******************************************************

“私はリタイアする前から、日曜日は常に家族と過ごしていますが、遠出をしたり、泊りがけでイベントを組んだりすることはほとんどありません。まずは、せっかくの休日なのだから、と家族そろって少しだけ寝坊。朝食の後、子供たちの希望を聞いて、その日のプランを立てます。近くの公園でのんびり過ごすか、郊外にある、遊具の充実した公園まで車で出かけるか、あるいは海や、芝生のきれいな公園にお弁当をもって遊びに行くか・・・って、ほとんど公園ばかりですね。
私が公園を好きになったのは、青春の一時をロンドンで過ごした経験によります。地図を見る機会があれば、簡単に実感していただけると思いますが、ロンドンにはとても多くの公園があり、市民の憩いの場として活用されています。天気のいい日曜日には、多くの人が家族や友人と共に近所の公園を訪れ、新鮮な空気と柔らかい陽射しの中で、ボール遊びをしたり、新聞を読んだり、ラジカセで音楽を聴いたり、あるいは、ただ単に寝転んだりという具合に、それぞれが思い思いのやり方で余暇を楽しむのです。How relaxing! そしてもちろん、公園の利用にはお金がかかりません。こんなに手軽で、豊かな週末の過ごし方があったのかと、目からうろこが落ちる思いでした。“

********************************************************

テーマパークや遊園地、スキー場といった施設に子供を連れて行けば、もちろん子供は喜ぶ。
しかし、そのような刺激の強い、そしてお仕着せの遊びに慣れさせてしまうことは、子供にとって必ずしもいいことだとは思えない。
日常にはある程度の単調さがどうしても伴うものであり、そこに喜びを見出せるかどうかは、僕らの幸福度に大きな影響を与えるからだ。

では、どうやったら平穏な日常を楽しめるようになるのか?
哲学者・ラッセルは、三大幸福論の中のひとつに数えられる著書、「幸福論」(岩波文庫)の中で、そのような能力は幼年時代に獲得されるべきだと指摘した上で、次のように述べている。

*******************************************************

“現代の親たちは大いに責任がある。彼らは子供たちに、ショーだの、おいしい食物だのといった消極的な娯楽をたくさん与え過ぎている。そして、毎日毎日同じような日を持つことが子供にとってどんなに大切であるかを、真に理解していない。もちろん、やや特別の機会はこの限りではない。幼年時代の喜びは、主として、子供が多少の努力と創意工夫によって、自分の環境から引き出すようなものでなければならない。(中略)子供が最もよく育つのは、若木の場合と同様に、いじりまわされないで同じ土壌の中に置かれているときである。多すぎる旅行やあまりにも多彩な印象は、幼い者たちにとってよくないし、大きくなるにつれて、実りある単調さに耐えることができなくしてしまう。”

*******************************************************

先日も、市内に新しくできた公園に家族で行ってきた。
新しいだけあって、木々が若く、あまり葉をつけていない(夏に来たら日陰がなくて大変だろうな)。

20181105200200001.jpg

公園は実にいい。
子供たちは体を動かすから、健康にいい。
遊具を譲り合うことによって、協調性が生まれる。
僕や妻が遊具で遊ぶことはもちろんないが、それでもかなり歩くことになるし、野外で適度に日差しを浴びることはやはり健康にとって重要だ。
丸1日遊びに遊んで、まったくお金がかからない。
こんな娯楽、そうはないだろう。

20181105200400004.jpg

住んでいるマンションの目の前に素敵な公園があるので、ちょっとした空き時間ならそこに行くが、この日のように時間がとれるときは、郊外の、遊具が多い公園に挑戦する。
車で30分程度の距離で、そんな公園がいくつもある。
同じ場所だと飽きるので、ローテーションで回っているが、1年の間に同じ公園を2回訪れることはまずない。
だからどの公園に行っても、子供たちの第一声は、
「懐かしい!」
となる。
好みの遊具目指して駆け出す子供たちを見ていると、こちらまでウキウキしてくる。

20181105200400003.jpg

この日の娯楽は、ちょっと「お仕着せ」すぎたかな(笑)?
いや、この程度なら、ラッセルからも「ギリ許容範囲」とのお許しがもらえるのではなかろうか?


こんな平和な日々がいつまで続くのだろう?
そんな思いが首をもたげることもある。
でも未来のことは、考えてもしょうがない。
今日も明日も、僕にできることは、その日1日を生き抜くことだけだと思っている。

最近は息抜いてばっかりのような気も・・・。



本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!




発売開始間近。
幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア