FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーリーリタイアした後、僕が資産額なんて全然気にしないまま、日々を呑気に過ごせている理由

僕はアーリーリタイア後、資産額を把握しようとするのをやめた。
なかなか信じてもらえないのだが、僕なりの理由がある。

まず、アーリーリタイアを目指すと決めた数年前に、徹底的に計算した
そのときは、銀行預金、どの生命保険がいつ解約でき、いくら入るかまで、事細かくチェックした。
その結果、「あと2年働けば、贅沢な暮しを望まない限り、アーリーリタイアしても大丈夫なはずだ」と判断したのだ。
今現在、具体的な額はわからなくても、その時に感じた「大丈夫なはず」という自信は、僕の中にしっかり残っていて、だから、まったく不安にならないのだ。

その時の資料もあるのだが、あまりに細かくて、相当集中しないと読めない代物で、自分が書いたメモなのに、開くだけでめまいがする。
よくあれだけの資料をつくったものだ、と自分でも感心する。
その時は、それだけ不安だったのだろう。
3人の子供がいるのだから、当たり前だ。
当時は、本当にしつこく点検を繰り返していたので、いい加減嫌気がさしていたのだろう。
書類の冒頭に、
「未来の自分へ。金は足りるはず。気にするのはやめて、もっとましなことに時間を遣え!」
と書いてある。
今の僕は、過去からの自分への忠告に従っているというわけだ。

昨日も引用した幸福論の中で、ラッセルは次のようなことを言っている。

「大事な決断をする時には、徹底的に考えなさい。
結論が出たのなら、そこからは一切考えるのをやめなさい」

この教訓は実に深いと思う。
何度も考え直すと、ちょっとした気の迷いで間違った方向に思考を修正してしまうこともあるし、第一、迷いのようなものが常に頭の片隅にあると、新たな一歩を踏み出すことの邪魔になる。
性格だって、暗くなってしまいそうだ。
だから僕は、今回の件に限らず、熟慮の上に決断したら、くよくよと何度も思い返したりはしないようにしている。
投資スタイルだって、相当勉強した上で今のやり方に落ち着いたから、もう何も気にしていないし、勉強もしていない。
ろくに株価チェックだってしていない。
今年は年初に少し売った後は、まったく売買しないまま終わりそうだ。

リタイア後、資産額の増減に一喜一憂しなければならないようなら、アーリーリタイアの良さが半減すると僕は考えていて、このことに関しては、自著、“幸せの確率~あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ”の5章で詳述している。
リタイア後の不安を避けるために大切なのは、まずは自らを、「お金のかからない体質」にすること。
とにかく、これが大前提だ。僕だって、決して大金持ちではない。
それから、人生を「逃げ切る」ための資産額を算出し、できれば運用をしながら、十分な蓄財をする。
ただし、定年での退職ならともかく、残りの人生が長い「アーリーリタイア」においては、それだけでは不安感を払しょくしきれないことが多いから、例えば、「年金はあてにしない」とか、「少しは稼げる趣味をもつ」といった具合に「のりしろ」を設けて、せっかくの自由な日々を、株の板に張り付いて過ごしたりしないですむようにしよう、というのが自著で僕がすすめているアーリーリタイアのスタイルだ。
もちろん、僕自身もその通りの生き方をしている。

僕の「のりしろ」は、後輩に継いでもらったクリニックで今も続けている、週に4時間の診療から得られる賃金。
本を出したことによって、たまに依頼のある講演。
本当に微々たるものだが、本からの印税。
今後も、現在の「のりしろ」を維持しようと思っているわけではない。
興味が違うところに向けば、活動の場はいつだって移すし、何であれ、本気で遊べば、多少の収入につながることが多いと僕は考えている。

こんな状態だから、「今の資産額はいくらだろう」とか、「このペースでいくと・・・」などと見直したり、計算したりする必要なんて、まるでないのだ。
資産額なんてわからなくていい。
むしろ、そのほうがせいせいする。
もしチェックするとしたら、それは条件が変わった時だろう。
予定外の大きな買い物をすることになった、とか、想定していたよりも生活費がかかるようになってしまった、とか。
僕が気をつけるのは、不要な欲望を自分の中で育てたりはしないということだけ。
高級車を買ったり、血迷って愛人を囲ったりすれば、もちろんお金は足りなくなるだろう。
でも、そういうアホなことさえしなければ、なんとかなるはずだ。

以前にも書いたが、人は資産額が増えるほど、それを失いたくないという不安感が強くなって、結果、幸福度は上がらない傾向がある。
資産は常に、「失う恐怖」と表裏一体なのだ。
だから、十分貯めたと確信したのなら、後は「忘れる」に限る。

というわけで、僕は自分の資産額なんて全然気にしないまま、日々を呑気にすごしている。
そんな生活をしてみたいと思うのなら、「自分にはどうせ無理。参考にならない。信じられない」などと思考停止に陥る前に、ぜひ自著”幸せの確率”を読んでみてほしい。
実現のための「コツ」を、これでもかとばかりに盛り込んだつもりだ。
もちろん、それに加えてちょっとした努力は必要だが、それは自分でなんとかしてもらうしかない。

この長い記事を最後まで読み切るくらい、意欲と好奇心が旺盛なあなたなら、問題なくできることだろう。





本日もご来訪ありがとうございます。
無名の書き手である僕にとって、自著の存在を知ってもらう
唯一の手段がこのブログと考え、日々更新しています。
自著、もしくはブログを応援して下さるようであれば、
ポチッとひと押ししていただけるとうれしいです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!




発売開始間近。
幸福に生きるためのノウハウを、医学、幸福学、心理学、
古典哲学、伝統仏教といった幅広い分野から「いいとこ取り」して、
コンパクトにまとめてみました。
「誰でも4週間で幸せになれる」ことを目指した、自信作です。
ぜひ手に取ってみてください!



IMG_0347.jpg

秋の味覚。
紫芋のスウィートポテト。
(その紹介だと、「芋」と「ポテト」が被らない? と妻に聞いたら、「だって、しょうがないじゃん」と言われたので、若干首を傾げながらも言われた通りに紹介します)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。