FC2ブログ

記事一覧

ハロウィンの乱痴気騒ぎをテレビで見るたびに思い出す、青春の一コマ。あの頃僕は、馬鹿だった・・・

昨日は10月の最終日、ハロウィンだった。
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったらしいが、今ではアメリカでも民間行事として定着し、宗教的な要素はほとんどなくなっているとのこと。
日本では皆さんもご存知のとおり、もちろん宗教色ゼロで、仮装を楽しむ日、あるいは、子供がお菓子をもらえる日、となっている。
そして僕にとって、ハロウィンはまた違う意味合いがある。

先週末、渋谷は一足先にハロウィンを祝う若者でにぎわったらしい。
中には羽目を外しすぎ、犯罪行為に走る者もいたようだ。
路上に停めてあった軽トラックを数人が取り囲んで横転させたという事件。
また、女性が胸を触られたり、スカート内を隠し撮られるなどの被害が相次ぎ、痴漢や盗撮、暴行の疑いで計5人の逮捕者が出ている。
いやはや、ひどいものだ。
そもそも海外の行事を、ろくにその歴史も知らぬまま真似をして騒ぐなんて、低俗極まりない。
若さというものは、つくづくしょうもないものだとさえ感じる。
でも、そう偉そうにごちる僕にだって、若い頃があったわけで。

僕が友人とハロウィンパーティーを開いたのは、いつだっただろう。
もう医者になっていて、でも結婚はしていなかったから、2000年より少し前だったように思う。
僕はちゃんとショップまで行って購入した、死神のコスチュームで全身をコーディネート。
特にマスクの出来栄えがよく、鏡に映る自分の姿はそれなりに迫力がある。
そして自分が気合を入れていると、やる気のなさそうな奴がどうしても目につく。
友人のうち、ひとりの恰好が、ぜんぜん仮装に見えないのだ。
眼鏡を掛け、ジャケットに蝶ネクタイをしているだけ。ちょっと変わっているところといえば、秋だというのに半ズボンを履いていることくらい。
「ぜんぜん仮装になってないじゃん!」
と僕が小馬鹿にすると、彼は鼻白んで言うのだった。
「これ、コナンのつもりなんだけど・・・」
当時、医師、研究者の二足の草鞋を履き、多忙を極めていた僕は、名探偵コナンなるものを知らなかったということになる。

さて、そのパーティーだが、会場を貸し切り、20~30人で大盛り上がり。
そしてその後、10人くらいで2次会へと移動。
当時はまだ、ハロウィンだからといって仮装する人など珍しかったから、すれ違う人が皆振り返る。
今の僕なら恥ずかしくてうつむいてしまうところだが、若く、そして酔っていた僕は、自分たちが町の異端児であることが愉快でしかたない。
2次会は貸し切りではなかったから、他の客の引きようといったらなかったが、それもまたよし。
さらに酔いを増したところで、さあもう1軒とはしゃぎながら歩いていたところ・・・。
なんと、警察官に取り囲まれてしまった。

特に怒られたのが、死神の衣装を着ていた僕。
人を怖がらせるような真似をするな、というのだ。
「いや、悪気はないんです。これはハロウィンパーティーの流れで・・・」
と説明すると、警官は、
「ハロウィン? なんだそれは? それとその妙な格好となんの関係があるんだ!」
と詰め寄ってくるのだった。
まだまだ、そんな時代だった。
最終的には捕まることなく、その場で解放してもらえたが、最後の最後で冷や汗を掻くことになった。

あの頃の自分を思い起こすと、浮かれていたなあ、と思う。
馬鹿だったなあ、とも思う。
渋谷で乱痴気騒ぎをしている若者たちを笑うなど、とてもできない。

というわけで、ハロウィンは僕にとって、年に1回、若かりし頃の自分の幼稚さを思い起こす日でもある。
テレビに映る若者たちのはしゃぎっぷりをみて、若かりし頃の自分の姿を重ねる。
自分より下の世代に対する寛容さを失うと、思考の硬直した、つまらない年寄りになっちゃうよ。
そう自らを戒めているところだ。

(犯罪行為はもちろん問題外なので、念のため)。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



2017102914510000_201810291122590a9.jpg

下の子ふたり。
上の子が小さい頃は、医師として忙しすぎて、こんな時間は過ごせなかったなあ、としんみり。
あと10年早くアーリーリタイアしたかった(無理だけど)。



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
GOODDAYS
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア