FC2ブログ

記事一覧

サザエさん症候群について考えていたら、自著売り上げの“不思議な点”に対する答えが見つかった!

サザエさん症候群、という言葉がある。

日曜日の夜になって、明日からの授業や仕事を思い、憂鬱になったり、人によっては体調不良を訴えたりすることの俗称である。
サザエさんが日曜日の夜に放送される番組であり、かつ歴史が長く、多くの人に親しまれているから、その名がついたのだろう。
であれば、笑点症候群、では語呂が悪いから、「笑点シンドローム」なんかでもよさそうなものだが、なぜかサザエさんの名前が使われている。
視聴率でいえば、笑点のほうがずっと上なのだから、不思議でなくもない。

僕にサザエさんを見る習慣はないし、第一、今はアーリーリタイアしていて、月曜日に出勤することもないから、この言葉、理屈としてはわかるが、感覚的にはピンとこない。
日曜日の夜の切なさ、テレビ番組、で線を結ぶと、僕の場合、頭に浮かぶのは「西遊記」だ。
堺雅章が孫悟空、今は亡き夏目雅子が三蔵法師を演じた名作ドラマで、1978年から1980年までの放送だから、僕は小学校4年生、5年生のあたりだったはずだ。
エンディングの歌である、ゴダイゴの「ガンダーラ」が流れると、
(ああ、これで楽しかった週末も終わりかあ。明日からまた学校だなあ)
と憂鬱になったことを覚えている。

なぜ西遊記が浮かぶのだろうか?
小学校4、5年生がつらい時代だったということはない。
むしろ、それまではとても内向的だった僕が、少しずつ活発になってきた時期にあたるし、級友や担任にも恵まれていたから、学校に行くのが楽しみだった、とまでは言わないが、決して苦痛ではなかった。
中学時代や、高校時代のほうがはるかにきつく、学校をさぼりたくなることも少なくなかったが、なぜかその苦い記憶は、日曜日夜のテレビ番組と結びつかない。
たとえば高校時代、「天才たけしの 元気が出るテレビ」は大好きだったが、それがあの、ガンダーラでの切ない感情を引き起こしたりはしなかったと思う。
少なくとも、その記憶はない。
不思議だ。

ちなみに、若い人は知らないかもしれないが、「元気が出るテレビ」はテリー伊藤氏の仕掛けによる。
エンドロールでは、「プロデューサー テリー伊藤」ではなく、「総合演出 伊藤輝夫」とクレジットされていて、今見返すと昭和な感じがなんとも懐かしい。


さて、話変わって、自著"幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ"
発行から1年半もたったが、やはり今でも売れ行きは気になるので、ちょくちょくとamazonの商品ページをチェックしている。
amazonなら、「残り○○点(入荷予定あり)」というように、在庫部数を表示してあるから、少なくともamazonでの売れ行きはそれでチェックできるのだ。
さらに、「売れ筋ランキング」で、自著の売れ行きが全書籍中、現在何位なのかも知ることができる。

たまに、2~3日の間、1冊も売れないことがある。
そうすると順位は、10万位以下になってしまう。

かと思うと、一晩寝て朝になると、10冊近く売れていていることもあって、そういう時は順位が一気に数千位にまで上がる。
ほっとするし、気分がいい。
しかし同時に、首を傾げることになる。
2~3日の間、1冊も売れなかった本が、なぜ一夜にして10冊も売れたりするのだろうか?

まあ、きっとそんなものなのだろうと考え、今まで、あまり深く考えることはなかったのだが、さっき、突然気づいた。
そうか、僕の本は日曜日の夜に売れるのだ!
そして、週の前半はポツポツ売れて、週末にはほとんど売れなくなる。

人がどういうタイミングでアーリーリタイア本に興味をもつかと考えれば、当たり前の話だ。
週末を間近に控えれば、気分はよくなるし、もうひと頑張りと気力も湧く。
土曜日、日曜日は、仲間と、あるいは家族と愉快に過ごす。
だが、日曜日、それこそサザエさんを見終えるあたりから、憂鬱になる人も多いはずだ。
明日も仕事か、とため息のひとつもでる。
妻子が寝静まった後、ネットでHな画像でもチェックして(?)、それにもあきると、
「仕事・・・辞めてえな」
と、ひとりごちることになる。
最終的には、アーリーリタイア、早期リタイア、といったキーワードでグーグル検索をして自著に行きあたり、酔った勢いもあってすぐさまクリック。
はい、1冊お買い上げ! となるのだろう、というのが僕の推測だ。

サザエさん症候群の人たちが、自著のamazon販売を盛り上げてくれている。
そう的外れな推測ではないはずだ。

そこで、策士・内山直は考える。
ロダンの「考える人」ばりに、ポーズをとって思索する。
(この傾向を、自著の販売促進につなげられないだろうか?)

ひらめいた!
毎週日曜日に、読んだ人が感心するような良記事をブログで上げればいいじゃないか!

・・・そんな器用なことができれば、今頃、大作家先生だってば。


本、もうちょっと売れないかなあ。
いいこと書いたつもりなんだけどなあ・・・。





本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



IMG_8978.jpg

先週、市場に言ったら岩ガキがなくなっていて、ショック!
もう秋だなあ。
ちなみに本文のサザエとは「貝」つながりということで(笑)。



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
GOODDAYS
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア