FC2ブログ

記事一覧

僕はかねがね、美しい女性は精神を病んでいる可能性が高いと感じているのだが、はたして本当なのだろうか?

これから書くことは、ヒンシュクを買いそうな気がして、少し怖いのだが・・・。

「若くてきれいな女性は、精神を病んでいる可能性が高い」
と僕は思っている。

医師として診察にあたる際、必ず患者さんの内服薬をチェックする。
患者さんの全身状態を把握するためもあるし、第一、それをしておかないと、飲み合わせの悪い薬を出してしまう危険性があるからだ。

僕は医師になってすぐ、多くの若くてきれいな女性が、心療内科に通院し、投薬治療をうけているのに気づいた。
そして、その確率は十人並みの容姿の人より、高いように思えた。


最初は思い込みだと考えた。
「へええ、こんなきれいな人でも、心療内科に通うくらい、辛い気持ちになるんだ」
と意外に感じるから、頻度が高いような気がするだけだろう、と。

しかしその後、その点をしっかり踏まえてみたが、やはり最初に感じた傾向は変わらない。
ひょっとしたら、僕が、ちょっと精神を病んでいる女性を美しく感じる傾向があるのかもしれないと考え、後輩のS先生に聞いてみたら、彼は、
「実は僕も同じことを思ってました」
と驚いたような顔で言った。
美容分野の医療も行っており、審美眼に優れているだけではなく、イケメンで、常に女性からはモテモテの彼が(イケメンやモテモテは関係ないか?)同意するくらいだから、やはり間違いないのだろうと思った。

なぜそんなことが起こるのだろうか?
いろいろ調べた結果、その理由を説明してくれるかもしれない、あるデータにたどり着いた。
心理学者・バリー・シュワルツによるものだ。

彼は、
「現代の先進国においては、選択肢の多さが逆に人々の幸福度を下げている」
と述べ、その理由を次のように説明している。

1.あまりにも多くの選択肢を前にすると、間違った選択をしたくないというプレッシャーから、人は、ストレスや無力感を感じる。
2.自分が選んだものに少しでも不満が生じると、選ばなかった他の選択肢への未練により、満足度が低くなってしまう。
3.選択肢が多いと、商品に対する期待値が上がってしまうので、たとえベストな選択をしたとしても、やはり満足度は低くなってしまう。
4.自分が取った選択に満足できなかった場合、選択肢が少なければ、店や社会のせいにできるが、選択肢が多ければ、自分を責めざるをえない。

実際に、お店で商品の種類を増やし過ぎると、売れ行きが悪くなってしまう、という実験データもある。
何を買うのかを決めるために、より多くの労力が必要になるため、そのストレスを避けるため、一部の客は購入自体を見送ってしまうのだそうだ。
シュワルツ氏は、
「全く選択肢がないよりはあったほうがいいが、多ければ多いほどいいということではない。どれくらいが適切なのかはわからないが、現代の先進諸国において、選択肢の多さが私たちに快適さをもたらすという段階は、とっくに通り越してしまった」
と結論づけている。

一般に、美人は得だ、とされている。
それは同時に、より多くの選択肢を与えられている、ということをも意味する。
選択肢が只でさえ多過ぎる現代社会において、さらなる選択肢を押しつけられることは、一部の人にとっては、精神的苦痛にこそなれ、幸せにはつながらないのかもしれない。
となると、
「美人は精神を病む率が高い」
という自説にも信ぴょう性が出てくる。


ちなみに、医師の職を辞し、アーリーリタイアをしてから、僕の生活態度は、それまでよりもかなり質素になった。
ある程度の資産は築いたとはいえ、それまではあった医師としての収入が途絶えたのだから、やはり出費には慎重になる。
バーで高い酒を頼むことはなくなったし(どうせ僕に味はわからない)、服を買う時、レストランを選ぶ時など、生活のあらゆるところで、僕の選択肢は以前よりも減った。
例えば、新しい趣味を始めるにしても、お金がかかりそうなものは、それだけで候補から外している。
しかし、それによって感じる不自由さよりも、些末なことに煩わされずにすむ解放感のほうがはるかに大きいというのが、現時点での偽らざる感想だ。

実は、使える額に制限があって、ある程度我慢をせざるをえない状況にいたほうが幸福度は増すということは、幸福学の研究でも明らかになってきている。
これに関しては自著の中で詳述しているので、興味のあるかたは、是非、“幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ”を参照してほしい。

などと調子にのって自著を紹介し、あなたの人生の選択肢をさらに増やしてしまったのだとしたら、深くお詫び申し上げる・・・。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



IMG_8940.jpg

スイカのガスパチョ。
白ワインと、そして夏との相性抜群だ。




自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
GOODDAYS
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア