FC2ブログ

記事一覧

僕はメキシコでビールを飲みながら友人の愚痴を聞いていた ~ コロンビアは美人揃いって、ホント? 前編

先日のロシアW杯。大会を通じて、日本が唯一勝った相手がコロンビアだった。
ゲームの序盤でハンドをし、退場の上、日本にPKによる得点与えた選手が、帰国後ひどい目に会わないか、場合によっては殺害されるのではないかと心配していたので、その後コロンビアが2連勝を果たし、グループリーグをトップで通過するのをみて、胸を撫でおろした。
決勝トーナメントではイングランドにPKの末敗れたが、これもまた見応えのある試合だった。
勝たせてもらった日本は、運も良かったのだと思う。

僕はコロンビアには行ったことがない。
ただし、コロンビアの女性について、印象的な会話を2度ほどしたことがあるので、今日はそのことを紹介したい。

1回目は1990年の夏。
当時医学部の3年生だった僕は、同じく医学部生の友人、T君を訪ねてメキシコへ行った。
T君は大学を休学し、1年かけて中南米を旅している最中で、「夏休みに遊びに行くよ」と言うと、それならメキシコシティで落ち合おう、ということになった。
メールもSNSもなかったあの時代に、どうやって待ち合わせたのかは記憶にない。
1週間ほど、ドミトリー形式の安宿で一緒に過ごした。

日本を離れて数カ月がたち、かなりスペイン語も達者になっていたT君は、日本人観光客相手のガイドで日銭を稼ぎながら、せっせとナンパに精を出していた。
ヨーロッパや北アメリカと違い、中南米は人種差別があまりないので、日本男児もけっこうイケルのだとのこと。
わざわざ異国まで行って何をしているんだ、と思う人もいるかもしれないが、若いころに外国でナンパ三昧の日々を送るなんていうのも、決して悪い経験ではないはずだ(僕にはとても真似できないが)。
道行くセニョリータにせっせと声をかけ、それなりの戦績を残しているようだった。

ある日、一緒にビールを飲んでいると、T君は遠い目をして言った。
「本当はウッチ(当時の僕のあだ名)とコロンビアに行きたいんだけどなあ」

美人の多い中南米の中でも、特にコロンビアは美人の産地として有名なのだそうだ。
ところが当時のコロンビアは内戦の真っ只中で、観光客が気軽に入れる状況ではない。
そこで先ほどの、T君の嘆き節になったというわけだ。

(へえ、コロンビアはそんなに美人が多いのか)
たわいもない会話ではあったが、T君が本気で嘆く様子がおかしかったのもあって、妙に記憶に残った。


ちなみにその後T君はというと・・・。
グアテマラで麻薬所持で捕まったり、ブラジルでホールドアップにあったりしながら年末にはチリにたどり着き、そこで知り合った可愛い現地の子と同棲を開始。
翌春には学校に戻らなければならなかったので、その子を連れて帰国。
てっきり結婚かと思いきや、半年後には別れ、彼女はチリに帰ることになった。
僕はT君と同じアパートの隣の部屋に住んでいて、よく3人で遊ぶ機会があり、その子のことも気に入っていたので、ふたりの破局は残念だった。
彼にしてみれば、勢いで連れてはきたものの、まったく日本語ができず、また日本で働けるわけでもない彼女との生活は、やはり重荷だったのだと思う。
彼女のほうも、経済面での失望はあったようだ。
当時、日本とチリとではかなりの経済格差があったから、彼女にとってT君は甲斐性のある男にみえていたらしい。
ところが日本に帰ってくれば、バイトに明け暮れるごく普通の学生であり、そうそう贅沢ができるわけではない。
お互いに若く、勢いこそあっても、考えが甘かったということだろう。

僕にはなぜか若いころから、このような型破りな友人が多く、それが現在の僕の突飛なライフスタイルにも影響を及ぼしているようだ。
もっとも、単に類が友を呼んだだけという可能性もあるが。


そうそう、コロンビア女性の話だった。
メキシコ旅行から10年後、僕は日本で、その「美しいと評判」のコロンビア女性を紹介してもらえるチャンスを得ることになる。
その話はまた、明後日に。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



201807151629007.jpg

近所をパレードが通るというので、ちょっとだけ覗いてみた。
暑っ!
なんと、4万人の人出だったとのこと。
みんな、タフだなあ。



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
GOODDAYS
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア