FC2ブログ

記事一覧

確かに勤労の義務は憲法で定められてはいるが、そもそも僕に憲法を遵守する義務がないことはおわかりか?

先日、酒場でからまれた。
「アーリーリタイアなんて、法律違反だぞ! だって、国民には勤労の義務があるじゃないか!」

そうなのだ。
日本では、なんと勤労は義務として憲法に明記されている。
実は法によって勤労が義務化されているのは、世界中で数か国しかない。
これは、マッカーサー監督下で現憲法が作成された際、衆議院において、ソビエト社会主義共和国連邦憲法の影響をうけていた社会党によって追加修正されたという説が有力だ。

「じゃあ、アーリーリタイアやニートは憲法違反?」
そう驚かれる人もいるかもしれないので説明しておくが、憲法とはそもそも国民を束縛するものではなく、国民が国家権力を制限するための法だ。
憲法99条には、誰が憲法を尊重・擁護するのかという規定があるが、対象は、天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員であって、一般国民は含まれていない。
ほとんどの国民には憲法を順守する義務はなく、したがって、勤労の義務を負ってはいないのだ。

それならそんな条項、意味がないじゃないか!
そう思った人も多いと思う。
まったくその通りだ。
最近は、
「勤労の義務は、主に国家が国民に対して勤労の場を確保することができるよう義務づけている」
と解釈する学者もでてきているようだが、これもなんだか苦しい。
9条の問題は別としても、我が国の憲法には、かなりの問題点があることは確かなようだ。
なんにせよ、アーリーリタイアに違法性はなく、それを理由に罰則をうけるなどということは決してないので、ご心配なく。


18fada49d09e3ff0472f6e6bc52d8764_s.jpg


ちなみに、僕のことを憲法違反呼ばわりした人は、県職員だ。
だから、
「あなたには憲法を遵守する義務があるけど、僕にはないんですよ」
と答えたのだが、意味を理解できなかったようで、不思議そうな顔をしていた。

からまれたのは愉快ではないから、そこから論理的に反論を続け、相手をへこませることだってできたが、もちろんそんな不毛なことはしない。
酒場の議論に勝っても、何の意味はない。
酒場での勝者は、論旨の優劣ではなく、より愉快に酔えた奴であるに決まっているからだ。

・・・なんて恰好つけてみたりして(笑)。

アーリーリタイアしてから熱く議論することが減った。
「勝ち負け」にこだわらなくなったから、「なぜ意見が異なるのか」さえ理解できれば、そこで満足してしまう。
そもそも、いろいろなことが、どうでもよくなってきている。

これに関しては、はたしていいことなのかどうか、よくわからない。
生きていて楽なのは間違いないけどね。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!




自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
GOODDAYS
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
自己実現を目指してアーリーリタイアした、元医師です。
執筆、講演、ヨガ、イベント企画など、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年1月31日、「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」をセルバ出版から上梓しました。
今の成熟した資本主義社会には、新しい幸福論が必要だとは思いませんか?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア