FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆からちょっとずつ多くもらって利益を出すのが商売の常道のようだ、とガラガラの遊園地で思う。

前回、運動会について書いた。
休み明けの月曜日は、子供たちの代休を利用して、地元の遊園地に行ってきた。

代休の遊園地は、空いていて実に快適。
休日とはまったく違う景色になる。
僕も妻も、遊園地といった「お仕着せ」の娯楽を子供に与えるのを好まない。
たいして遊具もない公園で自由に遊ばせて、自主性や想像力を育む方が有用だと考えているからだ。
まあ、単にケチなだけ、という側面もなくはないが・・・。

ただし、せっかくの代休となれば、話は別。
父親はアーリーリタイアしているから、仕事を調整する必要もない。
せっかくだから、土日は込んでいて行く気にならないところにしようということになり、地元では有名な遊園地に行ってきた。
予想通り、見事にガラガラ。
待ち時間がない、などというレベルではなく、アトラクションによってはまったく客が来ず、係員が突っ立ったまま客待ちをしている状態だ。
料金は入園料と主たるアトラクションに使えるフリーパスを含めて2000円ちょっと。
それで、あとは遊び放題だ。
天候にも恵まれ、すばらしい1日になった。


そんな中、「お金」について考えさせられることが2点ほどあった。
今日はそのことについて話してみたい。

ひとつは、食堂。
その遊園地では、衛生上の理由という口実で、弁当の持ち込みを禁止している。
もちろん本当の理由は、ランチ代を落としていってほしいからだろうし、衛生上の理由という言い方がなんともせせこましいと思うが、そこは文句を言ってもしょうがない。
正午近く、たいしてうまそうでもなく、そして割高な食堂へと家族で向かった。
カレーライス、ラーメンといった定番メニューに並んで、ひときわ大きな文字で書かれているのが、ジュースのフリードリンク。
「300円で飲み放題」とのこと。
うちの子はこういうとき、親が首を縦に振ることはないと知っているので、ねだってくることもしない。
でも一般のご家庭だとどうだろう? と周りの席を眺めてみると・・・。
なんと、ドリンクバーを利用している人は、見える範囲では皆無であった。

みんな、財布のヒモが固い。
これは地方都市の経済がまだまだ停滞していることを示すのか、あるいは、子供の代休を使って遊園地にくるような家庭はそもそもコストに対する意識が高いということなのか・・・。
無人のドリンクバーをみて、不思議なような、そして、少し頼もしいような気持ちがした。

ふたつめはフリーパスのシステム。
土日・祝日はこどもだと3500円で園内すべてのアトラクションに乗れる。
それが平日だと、乗れるアトラクションが10に限定されていて、そのかわり、料金は2400円とずいぶん安い。
なんでこんなふうに、週末と平日とでシステムを変えるんだろう? と最初は不思議だったのだが、実際に利用してみてわかった。
平日はガラガラなので、10のアトラクションなど、たちまち遊びつくしてしまうのだ。
ジェットコースター、観覧車といった、花形のアトラクションはしっかりと含まれているので、お得にみえるフリーパスだが、実際にはかなりしょぼいものも入っている。
ジェットコースターなどを1番人気群とすると、2番人気群がごっそりと抜け落ちているのだ。
フリーパスが使えないアトラクションを楽しもうとすれば、そのたびに300~500円かかる。
空いている遊園地に気をよくして、ついつい遊びすぎてしまえば、追加料金があっという間に1000円以上になり、土日のフリーパスとの価格差が消し飛んでしまうというわけだ。

よく練られているなあ。
ドリンクバーといい、フリーパスの形態といい、客単価を少しだけ上乗せするための仕掛けが巧妙に散りばめられている。
これはもちろん、遊園地特有のことではない。
ラーメン屋でのトッピング、電化製品購入の際の保険、などなど。
ある程度のファイナンシャルリテラシーがないと、カモられることになってしまう。
痛みを感じない程度に、少しずつ、少しずつ・・・。


我が家の場合、もちろんドリンクバーはなし。
フリーパスに含まれない乗り物については、子供たちにひとつずつ、選んで乗っていいと話した。
適度に楽しみ、適度に我慢を覚えさせる。
そのくらいのバランスが教育において、そして人生そのものにおいても適切なはずだ。

次の代休は秋の文化祭翌日ということになる。
晴れていればまた遊園地、雨なら水族館なんていうのもいいかもしれない。

なんにせよ、父親が無職というのは、実にいい。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



IMG_8270.jpg

アンブレラという、開放型観覧車。
僕はこれが大の苦手で、ジェットコースターより怖い。
なのに子供は好きなんだよなあ。
乗り場の係員のお兄さんに、
「これ、僕怖いんですよね」
と言ったら、
「そりゃあ、怖いですよ。整備はするけど、絶対自分では乗りません」
とまじめな顔で返された・・・。




自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
GOODDAYS
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。