FC2ブログ

記事一覧

若きセルビア人女性の、知識の深さと論理の明晰さに脱帽! ~ オンライン英会話体験記2

前回予告した通り、オンライン英会話でのエピソードについて書く。

まずはセルビア人女性、ダリアの話。
写真の印象で若い女性とはわかっていたが、詳しい年齢は知らなかった。
僕の入ったDMM英会話では、先生のプロフィール、写真、動画が掲載されていて(まるで〇俗みたいだ)、それを参考に好みの人を選択することができる。
プロフィールの生年月日から計算すれば、もちろん年齢もわかるのだが、わざわざそこまではしなかった。

ダリアとの授業冒頭での雑談で、僕はその前日、バーで会った日本人女性の話をした。
彼女には2人の子供がいるのだが、彼女の夫は子供たちを学校に入れることを拒絶しているのだそうだ。
もちろん、日本には義務教育の制度があるから、役所からはしょっちゅう問い合わせがくる。
それがわずらわしいので、基本的には家族4人で、海外を旅をしながら暮らしているのだそうだ。
お金のやりくりをどうしているのかは、知らない。
ただ、なかなかにすごい話だなと驚いた矢先だったので、それについて外国人と話してみたいと思った。
ダリアからの返答は、意外なものだった。

「それはそれでいいと思うけど」

いやいや、よくはないでしょう?
子供には最低限の教育が必要だし、そのためには学校に通わせるべきだと話す僕に、ダリアは滔々と自説を述べるのだった。

「ホームスクーリングといって、子供たちを学校に通わせない教育法は、アメリカを中心に受け入れられ始めているわ。
学習自体は、親がみてやれば全然問題ないもの。
ホームスクーリングの明らかなデメリットは、同じ年ごろの子と、遊んだり、切磋琢磨し合う機会が減ること。
でもこれは、近所に友達や、年の近い親戚がいれば、ある程度カバーできる。
そしてメリットは、デメリットと同様で、『同じ年ごろの子と過ごさないでいい』ということ。
いじめや、そこまではいかなくても子供同士のトラブルは、常に問題視されている。
私自身、学校が合わなかった経験があるから、学校教育にはやや否定的なの。
今通っている高校は、授業の選択を生徒が自主的にできるから、そう悪くはないけれど。
だから今日は平日だけど、私はクラスをとっていないから、こうやってアルバイトをしているってわけ」


b66befd07515508d317dfe00fb7d9c0c_s.jpg


いやはや、驚いた。
最初に驚いたのは、彼女が女子高生だったということ。
50歳近くにもなって、まさか女子高生先生に教えてもらうことがあるとは・・・。

さらに驚いたのは、彼女の明快な論旨。
子供には教育をうけさせなくっちゃ、というだけの僕の薄っぺらな意見とくらべ、はるかに明晰だ。
広い知識と自らの経験に基づいて、論理的に語っている。
これがディベートだったら、10対0で僕の負けだろう。
いやはや、この若さで(後でチェックしたら彼女は18歳だった)大したものだと思う。
彼女をはじめ、ヨーロッパの若い教師の多くはインテリジェンスが高く、テーマを決めて議論するのが楽しかった。

でも、同じセルビアでも、もちろん違うタイプの人もいる。
21歳の女子大生アレキサンドラは、ベオグラードではなく、地方に住んでいるとのこと。
町の人口は5万人。
田舎暮らしは快適だというので、クラブのひとつもないんじゃ若者は退屈するんじゃない? と尋ねると、彼女は驚いた様子でこう反論した。

「まさか。いくらだって楽しいことはあるわ。
私の一番の趣味は散歩。
親友とふたりで、いろいろな話をしながら歩くの。
大体1時間半から2時間くらい。
丘から丘へと渡る、お気に入りのコースがあって、天気がいい日は最高ね」

娯楽が友人との散歩とは。
なんとも朴訥とした感じに、好感がもてる。


こんな感じで、ヨーロッパの若者と話すのは、実に楽しい経験だった。
もちろん人によってもずいぶんと違うのだが、日本人とは基本的な感覚、あるいは、思考回路のようなものが違うように思えた。
概して論理的であり、みな大人だ。

そんなわけでヨーロッパ在住の先生と話すことが多かったのだが、オンライン英会話の定番である、フィリピン人講師と話す機会もあった。
これについてもおもしろいエピソードがあるので、次回紹介する。



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
GOODDAYS
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア