FC2ブログ

記事一覧

格差が広がると、中間所得層がレジャーにお金を回せなくなる理由 ~ 「幸せとお金の経済学」を読んで3

今週は、ロバート・H・フランク著、「幸せとお金の経済学」(フォレスト出版)から。
今回が最終回。





前回書いたように経済格差が広がると、人が非地位財にお金を回しにくくなるという。
なぜか?
まず、富裕層がより豊かになり、より豪華な家を建てるようになる。
そうすると、それより少し下の層は、それに近い家を建てるようになる。
より大きな邸宅が近くにあれば、「さほど仰々しいと感じない家の大きさ」の基準が変わる人がでてくるというわけだ。
家は地位財(定義については前回記事を参照してほしい)だから、人は周囲と比較しながらどの物件を購入するか考えることになる。
こうやって、富裕層に引きずられるようにして、皆がより豪華な家に住むようになっていくというわけだ。
車、宝飾品など、他の地位財でも同様のことが起こるのは、いうまでもない。

ところがアメリカでも日本でも、豊かになっているのは富裕層ばかりで、中間層の所得はほとんど伸びていない。
それなのに地位財の出費が増えていくから、非地位財に回すお金がなくなっていくというわけだ。
以下は引用

“このように、1980年には45坪だったアメリカの新築家屋の平均面積は、2001年には60坪を超えるまでになりました。ところが、この間、平均的な家庭の実質所得はほとんど増えていないのです。”


日本でもバブル期以降、国民の実質可処分所得は増えていないはずなのに、高級車志向は強まっているように感じる。
ネットで年収ごとの車購入費の相場を調べたところ、以下のようなものだった。

年収2000万円の人で、1000万程度の車が目安。
年収1000万円で500万の車。
年収700万円で350万。
年収400万円で200万。

僕の感覚からはかけ離れている。
単身者の車道楽ならいくら使ったって本人の勝手だが、家庭もちである僕の年収が例えば1000万円だとすれば、ぜったいに500万円の車は買わないだろう。
2000万円あったとしたって、1000万円の車は買わない。
維持費もばかにならないことを考えれば、もっと安いものにするはずだ。


貧富の差が拡大することにより、富裕層に引っ張られるようにして、実質所得は上昇していない中間所得層の地位財支出が増え、非地位財に回せるお金が少なくなる。
現代の生きづらさはこんなところにも原因があるのかもしれない。

僕は貧富の差はあまりないほうがいいという意見だ。
もちろん、ある程度はあっていい。
ただ、貧富の差はせいぜいで今の日本程度であるべきであり、アメリカ、イギリスは明らかに行き過ぎだと考えている。

興味のあるかたは、ぜひこんなプレゼンテーションに耳を傾けてみてほしい。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!


IMG_6849.jpg



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
GOODDAYS
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア