FC2ブログ

記事一覧

出版社への原稿の売り込み2

まず僕が考えたのは、一般の原稿持ち込みを受けてもらえないのであれば、コネを使ってなんとかならないか、というものだった。
しかし、一介の開業医である僕に、出版業界へのコネなどあるわけがないし、僕は友人が多いほうではない。実のところ、かなり少ない。

そんな中思いついたのが、数少ない友人のひとり、O君だ。
O君は地元では有名な企業の社長をしている。
年商100億近い、勢いのある会社だ。
出版業界とは何の関連もない会社だが、O君の地元での顔の広さを考えれば、何らかのツテをたどれるのではないか? と考えたのだ。

O君とは、かれこれ20年近い付き合いになる。
O君は僕より5~6歳年下で、しかも、知り合った時はまだペーペーだったので、今でも僕を兄貴分扱いし、慕ってくれる。
だから、多少厚かましいお願いも、聞いてくれそうな気がした。
(さすがに昔のように、『コンビニまでひとっ走りして、缶コーヒー買ってこい!』 とは言えないが)。

ちょうどO君と食事をする予定があったので、その話を切り出してみたところ、O君は、なんとも頼りがいのある返答をしてくれた。
「へええ、本を書いたんですか? いいですね! 出版社のほうは僕が何とかします」
ふたつ返事で、何とかする、という答え。
うれしい! 頼もしい!!
でも、そんなに安請け合いして、本当に大丈夫? とも思う。

しかし、彼の実力をいぶかしんだことに関しては、僕が間違っていたことがすぐに判明する。

翌日、早速、彼はメールをくれたのだった。
「僕の周りで東京に一番顔が利くのって、○○の代表のMさんなんですよね。
Mさんに聞いたら、大学時代、野球部の先輩だったIさんが、出版卸しのお偉いさんになっているから、その人を通じて出版社に売り込んでくれるって言ってました。体育会系の絆は強し!って笑ってましたよ」
たった半日で、超一級のコネクションをつくってくれた。
すごい・・・。

僕はそれまでの人生において、人脈というものに、一切興味をもたないできた。
人脈の意味合いを、人より少しでも有利な条件を得るための、姑息な手段というように感じていたからだ。
だから、基本的には一匹狼でやってきたし、それでいいと思っていた。
体育会系のノリも嫌いだった。
やたらとつるみたがる輩を、見下すことさえあったと思う。

しかしこのような時に、いかに人脈が重要になってくるか、そして、ある程度の人脈がなければ、最初のアクションさえ起こせないのだということを、僕は生まれて初めて経験し、それまでの、自らを無頼と称し、いきがっていた様は、まさに井の中の蛙であったということを、心底から思い知らされたのであった。

助かった・・・。
体育会の絆かあ。そういうことも大切なんだな。

井の中の蛙、大海を知らず。

井の中の僕、体育会を知る・・・。



甚だ恐縮ではありますが応援よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



追記1;
現在午前4時45分。
家族が起き出す前のこの時間が、一番校正に集中できる。
今回の最終校正、本来の締め切りは12日なのだが、前述したように数字を主に漢から様に変えたこともあって、訂正個所が1000以上に上ってしまった。
このままいくと誤植だらけの本になりかねない。
担当者に聞くと、最終原稿をPDFでチェックできるということなので、その時間を少しでも長くとるために、今日中には校正を終えて、発送してしまおうと思う。

発刊日はすでに決まっている。
逆算しながら、できることに集中するしかない。
さあ、やるぞ!


追記2;
現在午後3時。
校正をみていた妻が、「手伝おうか?」と言ってきた。
見るに見かねたのかと思ったら、割と得意なのだと言う。
「得意?」
意味がわからずに聞き返すと、妻は、
「私、大学時代は国文が専攻だったし、ゼミで辞書の編纂も手伝ってたから」

ええっ、そうなの? 助かる!
ていうか、早く言えよ~ (*`皿´*)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア