FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と群れることで得られる幸福感は幻想なのか⁉ ~「宝くじで1億円当たった人の末路」を読んで 前編

幸福学の研究では、地域コミュニティとの密接な関わりは大きく幸福度に貢献するとされている一方で、仏教では下手な関わりをもつくらいなら、ひとりで気高く生きろと説いており、相反する。
では、僕らは人との繋がりがもつ重要性をどのようにとらえたらいいだろうか? と前回書いた。
そこでたまたま出会った本が、鈴木信行著「宝くじで1億円当たった人の末路」(日経BP社)だ。





この本では、表題の宝くじをはじめ、「子供を作らなかった人の末路」、「バックパッカーの末路」、「疲れた、海辺の町でのんびり暮らしたい、と思った人の末路」など、人生の様々な選択24項目について、専門家や実践者にインタビューしている。
タイトルからうける印象よりも、「真面目」な本だ。

その中に、「友達ゼロの人の末路」というものがあった。
明治大学文学部、諸富教授へのインタビューが掲載されており、そのまとめが、これ。

“P63
群れるメリット
→心を麻痺させ、楽になれる(幻想)
→友達の数が増えることで「自分に価値がある」と自信を持てる(根拠なき自信)

群れるデメリット
→人間として成長できない(孤独力を磨けない)
→同調圧力によるストレスで精神的に追い込まれる
→年を取っても自分が何をどう感じていて、何を欲しているのか分からないまま“


であり、結論としては、
「これからの厳しい世の中を生き抜いていく上で群れるメリットなどほとんどないのに、デメリットはたくさんあるのだから、無理に人とつるむ必要はない」
となっている。

これは実に興味深い。
冒頭で紹介した、「コミュニティと密に関わっている人のほうが幸福度が高い」との幸福学でのデータは、幻想と根拠なき自信に基づく幸福感によるのだろうか?
であれば対する、「人との協調を重視しすぎないようにすることが肝要」といの仏教的教えに軍配が上がりそうに思える。


LIG_meganekiri_TP_V.jpg


幸福学の調査は、人がどのようなことに幸福を感じるかは明らかにするが、それが本当に意義のある幸福感なのかどうかまではわからない。
さらに、明らかなのは単なる相関関係であって、因果関係ではない。
このケースでいえば、コミュニティに密にかかわるから幸福を感じるのか、それとも幸福な人はコミュニティにかかわろうとする傾向が高いのかがわからないということになる。

僕としては、「人と群れる意義は薄い」という考えに一票を入れたい。
アーリーリタイアという、規定外の生き方を選んだくらいだから、当然といえば当然ではあるが。

人や世間と協調的に生きることの意義、皆さんならどう考えるだろうか?


次回はせっかくなので、この本の表題になったテーマ、「宝くじで1億円当たった人の末路」の内容について触れ、このシリーズを終えたい。



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。