FC2ブログ

記事一覧

心が平穏になると、いわゆる「娯楽」があまり必要でなくなるらしい~「頭の決まりの壊し方」を読んで 前編

前回、どんどん減っていく欲望にとまどっている、と書いた。
そんな中、たまたま手に取った本に、興味深い内容が記されていた。





著者である僧侶・小池龍之介氏によると、瞑想修行が続くと、そのようになるものだとのこと。
該当する部分を引用する。

“p197~
心が平穏になり、我が身1つで幸福感を感じられるようになってくるに従って、「何かが足りない」という感じがなくなってくるため、ことされ娯楽や飲酒や大騒ぎすることなどには意味が感じられなくなり、自然とそうしたものからは遠ざかってゆくことになるのです。
私もまた、かつて好きだったロックもテクノも聞かなくなり、映画も仕事以外では観なくなり、ネットも不要になり、と、心が外部の何かに頼ることから離れて、自給自足してゆくプロセスを辿ったものでした。
(中略)
頭で想像して実際に検証や体感をせずに考えるならば、世間的な楽しみは幸福で、それらを手放した自足感はつまらなく淋しそうだ、と感じられることでしょう。
反対に、頭で考えずに、実際に身体的な居心地の良さによって検証し、感じてみるならば、世間的な楽しみは心の欠落感を増大させる性質を持ち、苦しみの原因となり、それらを超えた自足の中にある瞑想的平穏さは、幸福感にあふれている、ということが分かるでしょう。
(中略)
そうするともはや、今まで「楽しみ」とか「苦しみ」として確固たるものに見えていたものは、前のような確かさを持たず、幻のような、大したことのない、色褪せたものとして、感じられるようになります。“



今の僕の状況に、あまりにもよくあてはまって、驚いた。
現役医師時代、ストレスまみれの日々の中で、自分を癒してくれていると感じていた様々な活動が、仕事から離れ、落ち着いた日々をすごしているうちに、逆に平穏を妨げるファクターとなってきている。
まさに、本書に記された通りだ。
アーリーリタイア語、日々のストレスが劇的に減ったことに加え、短い時間ながらも連日行っている瞑想の効果もあるのかもしれない。

以前楽しんでいた活動に対する興味を失うのだから、一抹のさみしさはある。
でも、以前の状態に戻りたいとは思えない。
今の僕にとっては想像するだけで騒々しすぎる。


529bbac539908cf0bc51a7619f4c6089_s.jpg


それにしても、この小池龍之介という人は本当にすごい
これだけの数の本を書いていると、通常はどれも似たり寄ったりの内容になってしまいがちなのだが、小池氏の場合は本によって明確にテーマをわけていて、読むたびに新しい発見がある。

次回はこの本で興味をもった、他の箇所についても紹介したい。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア