FC2ブログ

記事一覧

アーリーリタイア後、どんどんと欲望が減退してきているのだが、これは大丈夫なのだろうか?

アーリーリタイアして2年。
欲望がどんどんと減っていく。

元々物欲などは強い方ではない。
だからこそアーリーリタイアできたともいえる。
でも、それなりに服も買っていたし、飲む酒にもこだわりがあった。
週に1~2回は、時には友人と、時にはひとりで、バーで飲むこともあった。
そういった様々な欲求が、さっぱり生じてこないのだ。

服は夏、そして冬がくる前にパンツを1着ずつ買っただけ。
ダイエットに成功し、合うパンツがジーンズ1着しかなくなっていたため、さすがにそれでは不便だと考えた。
酒に対するこだわりも減った。
時々いいものを頂くこともあり、そういう時は大喜びで頂戴するが、それがなくなればまた、適当なものを飲む。
ワインだってウイスキーだって、近所のスーパーで買えるもので、十分おいしい。

飲みにもあまり出なくなった。
家にいるのが以前より楽しい、というわけでは、残念ながらない。
ただ、飲みに出たいという気分にならないのだ。
仕事からのストレスがないから、発散する場がいらないということなのか?

好きだった音楽も、以前ほどは聴かない。
以前なら、車を運転している間は、必ずロックをかけていたのだが、最近は電源を切ることが多くなった。
音がない状態のほうが、気分が落ち着くようだ。

でも、文筆活動に対する欲求は変わらない、と書けば格好いいのだが、実はこちらも明らかにやる気が減退している。
今、2冊目の本を売り込んでいるのだが、1冊目“幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ”の時のようながむしゃらな情熱が、なかなか蘇らない。
もちろん、せっかく書いた原稿だから、出版したい。
でも、前作の時ように、なんとしてでも出版してみせる、というような意気込みはない。
どの出版社からも声がかからないのなら、おそらくは世に出す価値のないものなのだろう、であれば、そうしゃかりきになることもないな、という感じで、淡々と企画書を送っているところだ。


いいように解釈すれば、これは悟りに向かっているのかもしれない。
日々少しずつ続けている瞑想の効果が出てきているのか?
過剰な欲望がなければ、その分苦痛も少ない。
現に、ストレス発散の娯楽がなくても、静かに、満足しながら過ごせている。

でも、本当にそうなのだろうか? といぶかしむ自分もいる。
単に情熱を失い、楽なほう、楽なほうへと流されているだけではないのか?
であれば時間がもったいないし、アーリーリタイアした意味が半減してしまう。


Zenzenzense0I9A7309_TP_V.jpg


欲望が極めて希薄なこの毎日が、いいことなのか、悪い方向なのか。
答えがわからずとまどっていたところで、1冊の本に出会った。

小池龍之介著「頭の決まりの壊し方」。
次回はこの本を紹介したい。



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア