FC2ブログ

記事一覧

自著 “幸せの確率 ~アーリーリタイアすすめ” が出版されて1年がたったので、近況と心境を御報告する。

自著“幸せの確率~あなたにもできる アーリーリタイアのすすめ!”が出版されて、1年がたった。
まだ1年しかたたないのか・・・と感じるということは、きっと日々が充実したものだったのだろう。

初版1000部、半年後に500部増刷で、その後出版社から連絡はない。
無名の人間が書いた、奇妙な本だ。普通に考えればこんなものなんだろう。
ただ、正直に言うと、僕はもう少し売れると思っていた。
アーリーリタイアというものに正面から切り込んだ本は、今までになかったからだ。
自著ではアーリーリタイアという生き方を、経済学と幸福論の両面から分析した上で、それをぶつ切りで提示するのではなく、掛け合わせた上で持論を展開している。
アゴラで紹介していただいたとおり、「心」と「資産」をどうやって確立させ、その上で、みずからの本心と向き合うだけの余裕がどれだけ大事か、ということを訴えたつもりだ。

Amazonでアーリーリタイアと検索すれば、真っ先に僕の本が出てくるようになった。
この状況さえ作れれば、あとは放っておいてもある程度は売れるはずと読んでいたのだが、どうもそうはなっていない。

僕が想像していたより、アーリーリタイアに興味のある人は少ないのか?
あるいは、本を買おうとまでは思わないのか?
その辺は僕にはわからない。


ここ1年で大きく変わったことは、地元で「作家」として認知されるようになったこと。
これは自著、そして僕自身が、地元紙で2度ほど取り上げていただいたことが大きい。
おもしろいもので、マスコミに露出すると周囲の評価は一気に上がる。
本が出た当初は、半ば勢い、半ば冗談で「作家」と名乗っていたのだが、本当に作家扱いされるようになると、さすがに照れる。
いやいや、出した本はほんの1冊で、それもろくに売れていませんので・・・と頭をかかざるをえない。


PAK145152501_TP_V.jpg


ところで、今年は2作目を上梓するつもりでいる。
原稿は仕上がっているので、ようやく出版社探しに本腰を入れ始めたところだ。
こっちは多少売れるかな? まあ、売れないだろうナ。
いや、その前に、本にしてくれる出版社があるのかが問題だ・・・。

肩書きで言えば、医師のほうも引きずっていて、まだ週に0.5日診療にあたっている。
慕ってくれている患者さんもいるので、自分の都合だけで完全に引退するのは、道義的にはなかなか難しい。
諸事情が許し、そして自分の気力が続くうちは続けたいと思っているのだが、どうなることか。
まあ、あまり先のことまで考えてもしかたがない。

原稿を書いて、診察もしていて、どこがアーリーリタイアだ!? という意見もあるかもしれない。
僕自身としては、どの活動もお金のためではなく、自己実現、あるいは、人としての責任としてやっているから、「リタイア後の余暇」の範疇なのだが、「文筆業への転職」ともとれるし、「医師としてセミリタイア」という解釈も可能だ。
僕自身は3つの肩書をいかようにも使い分けられるので、日常的な場面では重宝している。


というわけで、(自称)作家生活2年目に入った。
少しずつ前進していければと思っている。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア