FC2ブログ

記事一覧

資本主義が崩壊とは、共産主義革命を意味する? ~ 批判記事にお答えして 2

少し前に「ほったらかし投資」にやや懐疑的である理由 という記事を書いたところ、それに対して遊民さんが否定的な記事をご自身のブログに掲載された。
前回からの続きで、今回は一部の問いかけに対して返答を試みる。
以下は遊民さんの記事だ。

“「崩壊」と言うからには、たとえば世界中に共産主義革命の嵐が吹き荒れ、資本主義の必須条件である私有財産権が国家によって剥奪された世界になるみたいな、ゲームのルールが根本から覆される出来事を想像していたのですが…。”


昨今、資本主義の崩壊を懸念する論説が散見されるが、だから共産主義になるという話ではない。
では、資本主義の先にある世界はどうなると学者たちは予測しているのか?
水野氏は著書の中でこう述べている。

“それがどのようなものかを人類はいまだ見出せていません。”


どうもすいません(と僕が謝ることでもないのだが^^)
資本主義が滅び、共産主義が勢力を伸ばすという話ではなく、人類はどちらでもない新しい形態がを模索するしかなくなるという考えが主流のようだ。
それがどんなものかは学者にもわからないようだし、ましてや僕になどその輪郭すらもつかめない。
最近話題の、佐藤航陽氏によるお金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)では、今後世界は資本主義から「価値主義」に代わっていくと予想されているが、それだって資本主義に完全に取って代わるものではなさそうだ。

そのような新しいシステムに関して思い悩んでもしょうがないし、どのみちずいぶん先の話になる。
資本主義の崩壊がありうると考えるのなら、備えなければならないのはその前段階。
資本主義の終焉がコンセンサスになる前に起こる株価の動きだ。
水野氏は、「おそらくは行き場を失ったマネーが電子・金融空間を暴走し、株価を吊り上げ、そこから、何かをきっかけに逆に信用縮小が起こり、株価は下落に転じる、すなわち、バブル生成とその崩壊を繰り返すことになるのではないか」と予想していて、僕には説得力があった。
そう考えると、近年の激しい株価の上下にも説明がつくように思える。
そこで、そのような状況でもある程度の利益が得られるよう、「一部タイミング売買を組み入れる」という手段をとるようになったというわけだ。



そしてそれは遊民さんが書いた他の部分に対する返答にもつながる。
以下は遊民さんの記事から。

“持ち続けてもさっぱり増えていかないような株式市場において、持ち続けるのをやめてタイミング売買戦略に切り替えたとしてもリターンの期待値は上がりません。”


ボックス相場ならもちっぱなしは無効になるが、タイミング売買は容易だから、リターンの期待値は上がることになる。
(そして逆に順調に上がり続ける相場なら、もちっぱなしが最強で、タイミング売買を加えることは機会損失にしかならない。)

僕にお答えできるのは、こんなところだろうか?


くどいようだが、これが正しいとか、このほうが儲かるという話ではない。
第一、経済学者同士が喧々諤々の議論を行っている課題において、僕なんぞが自説を展開してもしかたがない。
僕は個人投資家として、資本主義崩壊リスクをほんの少し視野に入れた結果、多くのインデックス投資家が嫌う「タイミング売買」を一部組み入れることを選んだ、とただそれだけのことだ。


そして、僕がタイミング売買を行う理由は他にもあって・・・。
せっかくの機会なので、次回はそれについて触れ、このシリーズをお終いにする。



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!


2018011418240000.jpg



自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア