FC2ブログ

記事一覧

そもそも自己実現って何なの?~ユングの言葉 アーリーリタイアを決意させた知見 その8

今回は、精神分析学の古典からアプローチしてみる。

「自己実現」という言葉は、皆さんも聞き覚えがあると思う。
自分探しをして、自分のやりたいことをみつけ、それを実現させるような意味に使われる。

では、「自我実現」はどうだろう? 
こちらの方は、あまり馴染みがないかもしれない。

OOK9V9A6906_TP_V.jpg

実はこれらの言葉は、スイスの心理学者ユングが最初につくったものだ。
自己実現は、自分が通常考える自分(自我)を超えて、無意識の自分をも含めて自己と捉え、それを開花させること、つまり、自分では意識せず、活かしきれていない、潜在的な性質や能力をも導き出して、本当の自分らしく生きることを意味する。

一方の自我実現は、自我の範囲内で、社会的に評価されるような目標を達成すること。
努力して専門的な仕事についたり、大きなプロジェクトを成功させたりといった、意識した上で欲していた結果を得ることはこちらに含まれるので、現在、自己実現という言葉は、ユングの意図した本来の意味ではなく、むしろ自我実現に近い意味で使われることが多いようだ。

ユングは、自分に相談に来る人々のうち、かなりの人が十分な地位的地位や財産に恵まれ、自我も確立した、一見した限りでは何の問題もなさそうな成功者であることに気づいた。
そして、そういう人たちこそ、「本当に自分が望む人生を歩んでいるのだろうか」という悩みを抱くのだと考えたのだ。
そのような状態は、自我実現によって得られる精神的安定の限界であり、そこを起点として、人によっては自己実現へ向けてのチャレンジが始まることになる。

自己実現は潜在意識までを含むので、自分にとってもよく意義のわからない要素も多く、達成には困難をともなうし、良識的なコントロールが効かなくなるため、時として社会や周囲との調和も難しくなってしまう。
しかし、それを成し遂げることによって、新しい創造性へと飛躍できるだけでなく、いずれ訪れる自身の死までも含めて、しっかりと心全体で納得し、受け止めることができるようになる、とユングは言うのだ。

現役時代の僕は、医師としての仕事に、誇りも、やりがいも感じていたが、それでも数年ほど前から、患者さんの役に立つことによる喜びが、少しずつ薄れてきたことに気づいていた。
自我実現で得られる幸福が、限界にきてしまっていたのだろう。

自我実現が目指すところは、社会的成功と相容れるので、仕事の延長線上で得ることができる。
しかし、自己実現の方はそうはいかない。
恵まれた才能をもち、しかもそれが潜在意識を含めた自己と一致するといった幸運に恵まれない限り、生活の糧を得るための仕事によって達成することは困難だ。

ユングは、人生の前半は自我実現を目指し、後半で自己実現に取り組むべきだと考えた。
自己実現のためには、人生の価値に疑いをもてるくらい成熟することが前提になるため、若いうちではなく、ある程度年をとってから出てくるテーマである、というわけである。

となると、僕のような凡人が自己実現を目指すのであれば、まずは自我実現を達成し、ある程度の資産を得てリタイア生活に入った後、中年期から老年期にかけて、今度は腰を据えて自己実現を目指す、という手順を踏んでいくしかないではないということになる。

ユングの思想も、僕のアーリーリタイアという選択を、後押ししてくれたというわけだ。
というより、これが決め手だったかもしれない。

そして今、僕にとって人生のセカンドステージが幕を開けた。

自己実現、待ってろよ! 
などと呟き、悦に入っている最中だ。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


絶賛発売中!


追記:
昨日は日曜日。
息子たちをつれて、アイススケートに行ってきた。
三男はスケートよりも、ロボットとの会話に夢中。
手まで握って、真剣そのものだ。
なかなか離れてくれず、困った・・・。 (-∀-)
ただ、ここで大人はいらいらすべきではないというのは、自著で述べた通りだ。

2017020508090000.jpg

スポンサーサイト



コメント

自我実現!

僕も自我実現という言葉は初めて聞きました。
そして自己実現と間違って理解しておりました。(^-^;
僕はまだ自我実現をも途上にいます。
まだまだ僕も攻めていきます(^^)v

Re: 自我実現!

おお、Akky!
コメントありがとう。

この回に登場とは、さすが心理オタク、じゃなかった、心理学者だね!
自己実現はユング・バージョンだけでなく、例えば、マズローも少し違った意味で定義したりしているから、今の用法が間違いというわけでもないんだけど、最初に提言したユングによれば、そういう区分になります。

お互い、攻めの姿勢でいきましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア