FC2ブログ

記事一覧

あなたがアーリーリタイアしたい動機は、本当にそれなのだろうか? ~ 「単純な脳、複雑な私」を読んで2

前回に続いて、池谷裕二著、「単純な脳、複雑な私」(朝日出版社)から、興味深かった箇所を引用してみる。



“右脳と左脳に違う単語を表示してみる。たとえば、左脳に時計、右脳にドライバー、と見せる。すると、目の前に並べられた物の中から、きちんと時計とドライバーを選べる。もちろん、本人には時計と表示されたことだけが意識にのぼる。左脳だからね。にもかかわらず、ドライバーも一緒に手に取る(内山注;ドライバーは右脳に表示されたので、本人の『意識』には残らない)。
そこで理由を尋ねてみる。「なぜ時計とドライバーを持ったのですか」と。するとこんな答えが返ってくる。「時計という単語がモニターに出ました。だから時計を取りました。でも、時計が止まりそうだったから、電池を交換しようと思ったのです」“


“こうした無意識の行為を「作話(さくわ)」と言う。僕らの考えていることのかなりの部分は、おそらく作話なんだと思う。”


“僕らも同じように、いつも歪んだ主観経験の中を生きている。単に、その推論に論理的矛盾が生じない限り、「自分はウソをついている」ことに気づかないだけのこと。“


“そんなわけで僕らは「本当は自分が道化師にすぎない」ことを知らないまま生活している。根拠もないくせに、妙に自分の信念に自信をもって生きている。
そんな傲慢な僕らは、やはり「人間って生き物は主観経験の原因や根拠を無意識のうちにいつも探索している」という事実を、もっときちんと認識しておくべきなんだろうね。そうすれば、もう少し自分に、あるいは他人に対して謙虚になろうって思えてくるでしょ。“


前回、僕らは無意識のうちに「感情」を「経験」に合わせていると書いたが、これもまた強烈だ。
自分の「意思」なんて、本当にあるのだろうかと思えてくる。
仏教ファンとしては、釈尊の言った「心も、思考も、感情も、すべてが幻想」ということが、脳科学的に立証されつつあるようで、なんとも興味深い。

僕は自己実現と、より深い人間関係を求めてアーリーリタイアしたつもりでいるけど、本当の理由はぜんぜん違うところにあったりして。

その思考は本当に自分のものか。
それとも何らかの理由からでっち上げ、それを自由意思と信じ込んでいるだけなのか。
特にアーリーリタイアといった大きな決断をする前には、自分自身をしっかりとみつめる余裕と時間をもったほうがよさそうだ。

ボクハモウオソイケドネ (_д_)。o0○



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!


2017110116490000.jpg

近所のコンサートホール。
こんな立派な施設があるのに、自分はコンサートが苦手というのが、なんとももったいない・・・。


ローカル情報;新潟市で自著を置いてくださっている書店様。
考古堂書店
西村書店

自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」

お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

なぜ僕がアーリーリタイアという選択をしたかについて興味のある方。
アーリーリタイアへ僕を導いた知見シリーズ

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア