FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーリーリタイアで得る自由は本当に幸福をもたらすのか ~ 「世界幸福度ランキング上位13カ国を旅してわかったこと」を読んで2

前回に引き続き、「世界幸福度ランキング上位13カ国を旅してわかったこと」(集英社インターナショナル)から。
著者であるドイツ人女性、マイケが幸福度調査で上位に来る国々を訪れ、経済的には豊かであるにも関わらず幸福度が低いドイツ人が、なにを学ぶべきかを探っていくという内容だ。



僕は以前から幸福学やポジティブ心理学に興味があって、多くの知見に納得してきたのだが、どうにも腑に落ちないデータもいくつかある。
その代表的なものが、「自由時間が増えると、幸福度は下がる」というものだ。
それが本当であれば、幸せに生きるためにはアーリーリタイアなどもっての他ということになり、僕の実感と大きく異なる。
どういうことだろう? と以前から頭の片隅に引っかかっていた。

そんな中、関連した記述があったので、引用する。

“p123
私は即座にオランダでヴェーンホーヴェン教授と話し合うことにした。
「自由すぎても不幸になることはありませんか?」そう訊くと教授はこう答えた。
「自由にはもう1つ別の側面があります。それは、何かを選択しなければならないということです。たとえばあなたがジャケットを買いたくなったとしましょう。もしジャケットが何種類もあれば、その中から選ぶのは楽しいことです。けれども同時に、自分に合わないジャケットを買ってしまう危険を冒すことにもなります。また、ジャケットが1種類しかない場合には、そのジャケットがたいていの人に合わないことはほぼ確実です」
つまり、選択にはそれなりの危険が付きものなのだ。同教授はうなずきながらこう続けた。
「しかし選択にはそれ相応のメリットがあります。さまざまなことを自由に決断できる社会で暮すほうが、人間は幸せになれるのです」“


本当に、「さまざまなことを自由に決断」できるほうが、人は幸せになることができるのか?
僕は全面的に賛成することができない。
その理由を、自著“幸せの確率”から引用する。

“なぜそのようなことになるのか、自分でも不思議に思って調べたところ、TED(毎年アメリカで行われる、大規模な講演会)における心理学者・バリー・シュワルツのプレゼンテーションに行き当たりました。彼は、「現代の先進国においては、選択肢の多さが逆に人々の幸福度を下げている」と述べ、その理由を次のように説明しています。

1、 あまりにも多くの選択肢を前にすると、間違った選択をしたくないというプレッシャーから、人は、ストレスや無力感を感じる。
2、 自分が選んだものに少しでも不満が生じると、選ばなかった他の選択肢への未練により、満足度が低くなってしまう。
3、 選択肢が多いと、商品に対する期待値が上がってしまうので、たとえベストな選択をしたとしても、やはり満足度は低くなってしまう。
4、 自分が取った選択に満足できなかった場合、選択肢が少なければ、店や社会のせいにできるが、選択肢が多ければ、自分を責めざるをえない。

実際に、お店で商品の種類を増やし過ぎると、売れ行きが悪くなってしまう、という実験データもあります。何を買うのかを決めるために、より多くの労力が必要になるので、そのストレスを避けるため、一部の客は購入自体を見送ってしまうのだそうです。
シュワルツ氏は、「全く選択肢がないよりはあったほうがいいが、多ければ多いほどいいということではない。どれくらいが適切なのかはわからないが、現代の先進諸国において、選択肢の多さが私たちに快適さをもたらすという段階は、とっくに通り越してしまった」と結論づけています。“


ううむ、難しい・・・。
これらを踏まえて僕が考えるのは、要は個々人の性格や才覚なのではないかということだ。
選択肢はないよりあったほうがいいか、多過ぎる選択肢は幸福度を下げる。
おそらく自由も同様だろう。
では、どの程度までの自由が人に幸福をもたらすのかといえば、これは各自の創造性、決断力、孤独への耐性などにより大きく異なるはず、と僕には思えるのだ。

幸福学のデータは有用とはいえ、わかるのは統計学的な傾向に過ぎない。
僕は今のところ、自由時間は多ければ多いほどいいような気がしているが、あまり多いともて余すという人も確かにいるはずだ。
だから、この手の命題に関しては、幸福度調査の結果は鵜呑みにしないほうがいいだろう、というのが現時点での僕の結論となる。

明日、この本に対するネット上の反応について、気になった点を書いて、書評を終えるつもりだ。



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!


2017102811320000.jpg

近所の公園。
紅葉がきれいだ。


ローカル情報;新潟市で自著を置いてくださっている書店様。
考古堂書店
西村書店

自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」

お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

なぜ僕がアーリーリタイアという選択をしたかについて興味のある方。
アーリーリタイアへ僕を導いた知見シリーズ

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。