FC2ブログ

記事一覧

これもアーリーリタイアの特権! 平日に子どもたちを連れて、ガラガラの遊園地に行って来た。


僕には3人の息子がいて、下2人は小学生だ。
先日文化祭があり、その代わりに平日が代休になった。
天気もよかったので、こういう時こそ、いつもは混雑が嫌で近寄らないところと考え、遊園地に行って来た。
父(僕)がアーリーリタイアしていて、フットワークが軽いと、こういう時に便利だ。

さて、訪れた某遊園地。
肌寒い秋、しかも平日ということで、好天であるにも関わらず、客がほとんどいない。
僕らのほかに、なんと4~5家族くらいしか見当たらないのだ。
敷地は広いから、他の客にはたまにすれ違う程度で、感覚的にはほぼ貸し切りという状態だ。
従業員の数の方が、圧倒的に多い。
なんとも贅沢な話ではあるのだが・・・。
遊園地がここまでガラガラだと、実はひとつ、問題が生じる。
なんだか、想像がつくだろうか?

それは・・・各アトラクションの実際の動きが、乗ってみるまで分からないということだ。

通常なら、園路を歩きながら、稼働中のアトラクションを観察することができる。
ところが客がほとんどいないので、動いているのは観覧車だけで、他のアトラクションは停止したままなのだ。
スタッフがそれぞれの持ち場にぽつんと立って、客待ちをしている。
これでは動きがどの程度の激しさなのか、事前に察知することができない。

もちろん僕と妻はそれでかまわないが、問題はビビリの息子たち。
ジェットコースターは怖すぎて、一度でギブアップ。
その後は、動きがマイルドそうにみえるアトラクションを中心に選ぶのだが、実際に乗ってみると意外と激しかったりする。
予想外の展開に「降ろして~」と泣き叫ぶ子どもたち。
親としては、それはそれでけっこう笑えるし(スマン)、いい経験にもなると思うのだが、スタッフの方々が気を使って、そのたびにアトラクションを止めてくれる。
他に客がいないからこそできるサービスだ。
笑いながら子どもを乗物から降ろして、渡したチケットを返してくれる。
そこは乗ってみると判断した客の責任ということで、返却する義務などないと思うのだが。
なんとも良心的な遊園地だなあ、と感心していたら・・・そんなものは序の口だった。

午後になると、あらかじめ買った乗り物チケットが切れかかって来た。
そこで追加チケットを買おうとしたところ、スタッフが制止するのだ。
「いいよ、いいよ、今日は開店休業。アトラクションを止めっぱなしじゃしょうがないから、乗って行ってよ。チケットが足りないようなら、気持ちだけ置いていってくれればいいからさ」
というわけで、通常ならひとり400円、家族4人で乗れば1600円するはずのアトラクションに、合わせて200~300円程度のチケットで乗せてくれる。
あまりの話に、「本当にいいのか?」と念を押すのだが、スタッフは笑いながら言う。
「いいって、いいって。昨日は大行列で儲かったはずだから、今日はのんびりいくさ」

そんなわけで、遊園地をほぼ貸し切りの上、最後のほうは只同然で遊ばせてもらった。
ちなみに下の子たちを遊園地に連れて行ったのは、今回が初めて。
強烈な印象だったらしく、下の子にいたっては、
「人生で最高の日だった」
と呆けた顔で感動していた。
激しいアトラクションでは、あれだけ泣いたくせにね。

アーリーリタイアした僕には、幸いなことに時間が売るほどある。
執筆や瞑想といった、「自分のこと」にばかりかまけていないで、もっとあちことに連れて行ってやらないとだな。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!


IMG_5468.jpg

観覧車の、囲いがないバージョン。
これは子供たちは平気なのだが、僕のほうが怖くてつらかった・・・。


ローカル情報;新潟市で自著を置いてくださっている書店様。
考古堂書店
西村書店

自著の紹介
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
いろいろ投資でハッピーリタイア
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」

お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

なぜ僕がアーリーリタイアという選択をしたかについて興味のある方。
アーリーリタイアへ僕を導いた知見シリーズ

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア