FC2ブログ

記事一覧

ええっ? 「ノルウェイの森」は実は下ネタ!? ビートルズの名曲を巡る論争があるって、知ってましたか? 2

昨日、村上春樹の「雑文集(新潮社)」での記載を中心に、ビートルズの名曲、「Norwegian Wood」の意味についての論争を紹介した。
もし読んでいなかったら、ぜひ昨日のブログを先にチェックしてほしい。

では、昨日約束した通り、それに対するメンバーの説明を、同著から引用して紹介する。

“「プレイボーイ」誌のインタビューの中でジョン・レノンは Norwegian Wood について次のように語っている。「この曲で僕はすごく用心深く、パラノイアになっていたと思う。当時他の女性と関係があることを妻に知られたくなかったからね。実際に僕はいつもだれかと不倫していたんだけど、曲の中ではそういう色事をうまくぼかして描こうとしていたんだ。(中略)これは誰との情事だったか忘れてしまった。いったいどうやってNorwegian Woodっていう言葉を思いついたのかわからない」”
*****************************************


もしこれが本音ならば、ジョン・レノン自身が Norwegian Wood という言葉に、明確なイメージをもっていなかったということになる。であれば、ノルウェイの森と訳すことも、北欧家具と訳すことも、どちらも正確ではなく、<Norwegian Wood> と呼ぶしかないということになる。
最後に村上春樹は、もうひとつの説を紹介してこのエッセイを締めくくっている。これが無茶苦茶おもしろかったので、ちょっと長いが略さずに紹介する。

“この、Norwegian Wood というタイトルに関してはもうひとつ興味深い説がある。ジョージ・ハリソンのマネージメントをしているオフィスに勤めているあるアメリカ人女性から、「本人から聞いた話」として、ニューヨークのとあるパーティーで教えてもらった話だ。
「Norwegian Wood というのは本当のタイトルじゃなかったの。最初のタイトルは“Knowing She Would”というものだったの。歌詞の前後を考えたら、その意味はわかるわよね?(つまり、”Isn’t it good, knowing she would?” 彼女がやらせてくれるってわかってるのは素敵だよな、ということだ) でもね、レコード会社はそんなアンモラルな文句は録音できないってクレームをつけたわけ。ほら、当時はまだそういう規制が厳しかったから。そこでジョン・レノンは即席で、Knowing She Would を語呂合わせで Norwegian Wood に変えちゃったわけ。そうしたら何がなんだかわかんないじゃない。タイトル自体、一種の冗談みたいなものだったわけ」。
真偽の程はともかく、この説はすごくヒップでかっこいいと思いませんか? もしこれが真実だとしたら、ジョン・レノンって人は最高だよね。”
*****************************************


この説が真実であったとしても、僕はまったく驚かない。
というのも、ジョン・レノンはそもそも、こういう言葉遊びが好きで、たとえば「Luch in the Sky with Daimonds」という曲は、頭文字をとってLSD、つまり麻薬でトリップしたときのことを書いた歌だとされている。
歌詞はというと、

“Picture yourself in a boat on a river
君が川で、ボートに乗っているのを思い浮かべてみなよ
With tangerine trees and marmalade skies
みかんの木とマーマレードの空もある
Somebody calls you, you answer quite slowly
誰かが君を呼び、君はゆっくりめに返事をする
A girl with kaleidoscope eyes
そこには万華鏡の目をした女の子がいるんだ“

(内山 訳)

という感じで、LSDによる幻覚そのままという内容になっている。
しかも、ここまであからさまであるのにも関わらず、ジョン・レノンはこの曲がLSDによる幻覚をモチーフにしていることをインタビューでは否定している。
つまりジョン・レノンは、この手のおふざけが好きなのに加え、そのネタを明かすことは好まないのだと推測されるのだ。
であれば"Norwegian Wood"が "Nowing She would"であり、そのことをジョン・レノンが明かさなかったとしても、それは実に彼らしいということになる。
「わかる奴にだけわかればいい。ネタをばらすような、無粋なことはしないよ」
そう言って、天国で舌を出しているように思えてならない。

ちなみに、”Norweigian Wood” を ”Isn’t it good, knowing she would?” に置き換えると、歌詞の冒頭はこうなる。

“以前に女の子をひっかけた
いや、彼女が僕をひっかけたと言うべきかな
彼女は部屋へ案内してくれた
相手がやらせてくれるってわかっているのは、素敵だよね“


いやはや、ひどい詩だなあ ┐(-。ー;)┌
あんまりしつこく追及すると、こうなってしまう。
やはり村上春樹が言っているように、「アンビギュアスな響き」を大切にすべきなんだろうな、きっと、というのが今日の結論。




(文中敬称略)



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!


IMG_4972.jpg

先日のブログで紹介したキムチが、絶賛食べ頃中!
というわけで僕は終始ニンニク臭い。
キムチなんて休診日前日にしか食べられなかった医師時代がウソのようだ。



自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ

FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」

お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

なぜ僕がアーリーリタイアという選択をしたかについて興味のある方。
アーリーリタイアへ僕を導いた知見シリーズ

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア