FC2ブログ

記事一覧

「アーリーリタイアすると、生活のリズムが崩れやすくなるので、注意が必要だ」というのは本当か、考察してみる

アーリーリタイアすると、生活のリズムが崩れないかとたまに聞かれる。
答えはというと、僕の場合は崩れない。

まず、朝から子供たちがやかましい。
その音で7時前には目が覚める。
決して素敵な目覚めではない。
しかも、ただ騒がしいだけではなく、喧嘩交じりであることが大半だ。
げんなりする。
小鳥のさえずりかなんかで目覚めたいものだが・・・まあ、無理だろうな。

子供たちの世話を焼きながら、新聞に目を通し、最初にスムージー、次にカプチーノを1杯ずつ飲む。
ちなみに、現役医師時代は、朝はしっかり食べ、昼を抜くことが多く、自著“幸せの確率”にもそう書いているのだが、今は朝を抜き、昼は軽めに食べている。
以前は、昼休みに軽い運動や書類仕事をしたかったので、そのようなパターンになっていたのだが、時間的束縛がほとんどなくなった今となっては、朝を抜くスタイルのほうが僕の体には合っているようだ。

夜は夕食時から、時にはちょっとフライングで夕刻から飲み始める。
アーリーリタイアしてから、酒が弱くなった。
現役医師時代は酒で気持ちをほぐしていたが、今はさほどストレスがないので、あまり飲まなくても酔うようになったのだと想像している。
夜10時になると、眠さからふらふらしながら、歯磨きなどの、寝支度。
大体10時過ぎ、遅くても11時には寝てしまう。

自著の冒頭部は、ジョン・レノンの名曲、「イマジン」の替え歌になっているのだが、その中に、こんな1節も盛り込んである。

“想像してごらん。
目覚めと共に起きて、眠くなればベッドに入る生活を。
疲れたら横になればいいし、気が乗れば徹夜したっていい。
明日のことなど気にしないで。“


リタイア前、そしてリタイア直後は、半ば本気でこんな日々を想像していたのだが、家庭持ちにとってはハードルが高そうだ。
それに、不規則な生活は、体にくる。
いつの間にか、そんな年になってしまった。

というわけで、僕は相変わらず、夜は早く寝て、朝はきちんと起きている。
子供たちを学校に送り出してから数時間は、執筆や読書。
午前中は一番集中力が上がるので、頭を使う活動をする。

昼食後、短い昼寝をしてからは、のんびりタイム。
とはいっても、夕方には子供たちが学校から帰ってくるので、話を聞いたり、勉強をみたり。
午後のどこかで少し時間をつくって、泳ぐか、ジョギングをする。

あっという間に夕食になる。
生活のリズムを崩す余地は、あまりありそうにない。

アーリーリタイア後、生活のリズムが崩れるかどうか?
その人の体力、性格、家族構成にもよるのだろうが、心身ともに健康に過ごせていれば、そう崩れやすいものでもないような気がしている。



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで上位に留まれています。
無名の僕が、自著の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログであり、
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!



IMG_5020.jpg

最近、朝は長男が三男のバイオリンを指導することになった。
これがまたやかましく、目が覚める。やれやれ。




自著に対するマスコミでの書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ

FXで1億稼いでアーリーリタイア
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
気ままに映画を楽しんで~セミリタイア日和
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」

お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

なぜ僕がアーリーリタイアという選択をしたかについて興味のある方。
アーリーリタイアへ僕を導いた知見シリーズ

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア