FC2ブログ

記事一覧

なぜ僕がこの本「幸せの確率」を書いたか

昨日に続き、自著について。
今日はなぜ、このような本を書いたのか、僕の動機に触れたい。
ただ、これには色々な思いや紆余曲折がありすぎて、一言で表すのは難しい。
そこで、箇条書きにすることにした。

・アーリーリタイアは成功者や金持ちの特権でも、夢のような話でもなく、多くの人にとって実現可能であることを知ってほしい。

・そのために必要な蓄財法や運用法を、行動経済学や現代ポートフォリオ理論を踏まえた上で、論理的に理解してほしい。

・最新の心理学、幸福学に加え、古典哲学、伝統仏教の教えを紹介することによって、「蓄財しながら、同時に幸福感を高めていく感覚」を共有してほしい。

・定年までは働くという常識と、労働は美徳という倫理が現代社会では一般化しているが、それは近年、支配者層の都合によって押しつけられたものであり、なんら普遍性をもたないのだということ、そして、それとはまったく違う人生の選択肢もあるのだということを知ってほしい。

こんなところだろうか?
ちょっと視点を変えるだけで、人生はまったく違った色彩を帯びてくる。
僕の目から見える風景は、多くの人のものとは少し異なっているようだと、実は10年ほど前から気づいていた。
そこで、それを多くの人と共有してみたい。ひょっとして、共感してくれる人もいるかもしれない、と考えるようになった。
この本はそんな想いから生まれている。

多くの人が、仕事から大きなストレスを感じているにもかかわらず、アーリーリタイアどころか、適切なワークライフバランスを得ることすらままならないでいる。
さらに内閣府の調査では、自分の将来について不安を感じるとする者の割合が約70%をも占めている。
そんな中、もしアーリーリタイアという選択肢が現実味をもって与えられるのであれば、多くの人が興味をもってくれるのではないか?
僕はそう考えたのだ。

僕の目に映る景色は、多くの人に受け入れてもらえるだろうか?
あの頃の未来を、僕らは生きているのだろうか?(盗作疑惑)
1/24に出版される自著の売れ行きをみれば、その答えはおのずとでてくるだろう。
そう、答えは風に吹かれている(疑惑から確信へ・・・)。


ポチっと応援、よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村






   
うわあ、頼むから盗作疑惑を裏付けるような広告を載せないで!



   
アマゾンさん、お願いだから、この畳みかけるような攻勢はやめて!!


追記;
不肖内山、校正がんばってるっす。
家から出てないっす。
風呂入ってないっす。
ヒゲ剃ってないっす。

不肖内山、無精ヒゲ・・・。

ナイス! なわけないっす!



スポンサーサイト



コメント

No title

自分もアーリーリタイアを目指しています。
今49歳で、後3~5年を考えているのですが、
投資は勉強して置いて良かったと思います。
年金で生きていけない、一億総活躍社会なんて言われていますが、長期投資のおかげで、高卒で、生涯平社員の自分でも、あまり老後は心配していません。
人生は一度きりですよね。

Re: No title

アメリカでは「ヨロ(You Only Live Onceの略)」が合言葉のように使われているそうです。
お互いに一度きりの人生を、自分らしく生き抜きたいものですね。
オリンピックリタイア目指して、がんばってください!
蔭ながら応援しています!

長期投資、万歳!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア