FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が書いた本「幸せの確率」の内容

考えてみれば、僕が書いた本がどんな内容なのか、しっかりと紹介していなかったと思う。
今日は自著について記すことにする。

自著は一言でいえば、「アーリーリタイアについて」の本だ。
僕の知る限り、アーリーリタイアという切り口でまとめられた本は、今までにはなかったはずだ。

「アーリーリタイアなんて、一部の金持ちか、成功者に限った話だろう?」
と思う人もいるかもしれない。
それは、断じて違う。
だから本書には、「あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ」というサブタイトルを入れた。
アーリーリタイアするための蓄財法を、経済学、経済行動学、心理学、幸福学の知見を元にまとめている。

「仕事が生きがいで、楽しんでいる。アーリーリタイアなんてごめんこうむりたいね」
と考える人もいるかもしれない。
それに対する答えは、その人の「仕事の楽しみ方」によって変わってくるので、注意が必要だ。
長くなるので、本書を参照してもらうしかないのだが、例えば、「多くの人が死ぬ間際になって、働きすぎたことを後悔している」という事実を、知っているだろうか?
あなたがとても仕事が好きだとして、死ぬ間際に働き過ぎたことを後悔するかどうかは、あなたが今、余命6か月と宣告されたら、その仕事をそのまま続けるだろうか、と想像すれば、大きなヒントを得ることができる。
例えば、もしあなたが営業職についていて、「この素晴らしい商品を、ぜひ世界に広めたい」ということが生きがいなのだとしたら、あなたは生ある限り仕事を続け、それを悔やむことはないかもしれない。
しかし、あなたにとって仕事が、収入や社会的地位を得るためのツールに過ぎず、がんばっている理由が、昇給を得ることや、同期を出し抜いて先に営業部長になることだとしたら、残された半年の命を仕事に捧げるようなことは、絶対にしないはずだ。
我々は労働をどう捉えるべきなのか?
幸福学の知見を踏まえた上で、労働の歴史、東西比較などによって検証を行い、持論を展開してみた。

この本の中で僕は4つの「パーセンテージ」から、アーリーリタイアについて考察している。

プロローグ 生存率
まず、生存率、つまり、僕らがいくつまで、どのくらいの可能性で生きられるのかを示している。

第1章 貯蓄率(総論)
どのくらいの貯蓄率だと、どのように人生が拓けていくかを、わかりやすくするために、ライフイベントなどを省き、簡略化した上で述べている。

第2章 満足率
満足率を上げるにはどうしたらいいか? そしてそれは蓄財とどうリンクするのかを、幸福学、心理学、伝統仏教などの知見を元にまとめている。

第3章 リスク・リターン率
株式での資産運用を、どうやったら「手堅く」できるか、現代ポートフォリオ理論を軸に述べている。
株の入門編として使いやすいと思うし、中級者くらいまでなら、参考にしてもらえると思う。
ただし、上級者向けではない。そういう人は僕ではなく、経済学者の本を読むだろうから、それで問題ないはずだ。

第4章 貯蓄率(各論)
具体的な貯蓄率の上げ方を、経済行動学などを元に挙げている。
話が堅くなりすぎないように、サザエさんや美味しんぼを例にしながら、読み物として楽しんでもらえるように執筆したつもりだ。
ただし、僕のギャグレベルは、このブログから見てとれると思うので、それほどの面白さは期待しないでほしい。_| ̄|○

第5章 幸せの確率 
前章までで提示した「4つのパーセンテージ」を踏まえた上で、どうやったら幸せな生涯を送ることができるのかについて、持論を展開している。
労働観が歴史上どのような変遷をたどったか、労働慣習の諸外国との比較、アーリーリタイア後の人生の楽しみ方などを雑記している。
その上で、僕の「幸せの確率」を上げる方法は、アーリーリタイアにあるはずだ、と結論づけた。

こんな具合である。
心理学や文学から、経済学にわたる、様々な知見を凝縮させた、密度の高い内容になっていると自負している。

この本は実は、「アーリーリタイアこそ是」という本ではない。
僕自身がアーリーリタイアという極端な選択肢をとることにより、皆さんの前には多様な選択肢があるということ、そして、現代の日本に生まれたということは、それだけでプラチナチケットなんだということを知ってもらいたくて書いたものだ。
近年、幸福学の発展により、経済的豊かさは必ずしも幸福に直結しないことがわかってきている。
僕らには、停滞をはじめた資本主義社会での新しい幸福論が、そしてパラダイムシフトが必要なのだ。

面白そうだ、と思ってもらえただろうか?



これは買わねば、と思った方は、ポチッとご協力を。
買うほどじゃねえな、と思ったアナタ、せめてポチッの方だけはご協力を!
 ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村






去年一番はまったアルバム。
大ヒットシングル、Stressed Out の、 "Wake up, you need to make money" のところ、ハッとします。
僕は本当に大丈夫なのか?
  ↓



追記;
今日、最終校正ゲラが届きました。
ここでなんと、担当から、「やっぱ漢数字を洋数字に直しましょう」という鬼のような指示が。
そのくらい簡単じゃん、って思ったでしょう?
とんでもない!
洋数字にすると文字がつまるので、一部で行数が減ってしまうのです。
そこの調整をしなければ。
しかも、小見出し位置に注意しながら。

最終校正でこんなことやってて、大丈夫なの?

締め切りは1月12日。
それまでは、不眠不休でがんばります!







スポンサーサイト

コメント

面白そう!

近いうちトライ予定なので、アーリーリタイアしたら必ず読ませて頂きます!

Re: 面白そう!

Tochiさん、
コメントありがとうございます。
いつもブログ、興味深く拝見しています。
自著はアーリーリタイアした人向けではなく、目指す人向けの本なので、できればリタイア前がおすすめです(笑)。
そしてアーリーリタイアは、マズローの理論的にもありだと思いますよ!

本、Amzonで発見しました!

色々な意見を聞いてしまうとアーリーリタイアの気持ちが揺らぎそうで、まずはやってしまってからゆっくり考えようかと思っていたのですが、「目指す人向けの本」とのことでしたので早速拝見いたします!楽しみです~♪

また、ブログでご紹介いただき誠にありがとうございます。幸せより不幸のほうが安心でいい所もあるんですが、せっかくの機会なので思いきって幸せを目指してみます!

Re: 本、Amzonで発見しました!

>早速拝見いたします!楽しみです~♪
ありがとうございます。
後日、よろしかったら感想などお伝えいただけると嬉しいです。

> 幸せより不幸のほうが安心でいい所もあるんですが、せっかくの機会なので思いきって幸せを目指してみます!
相変わらず『瞑想的」な深い発想ですね!
でも、不幸の座りの良さは若いうちだけ!
年とともに幸せを目指すべきのように僕には思えます。

今後ともよろしくお願いします。
夜も更けました。お互いそろそろ寝ないとですね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。