FC2ブログ

記事一覧

僕が本 ”幸せの確率” を書いた理由について、思いつくままに綴ってみる

昨日の記事を補足するために、今日はなぜ本を書いたのか、僕の動機に触れたい。
ただ、これには色々な思いや紆余曲折がありすぎて、一言で表すのは難しい。
そこで、思いつくままに箇条書きにしてみる。

・アーリーリタイアは成功者や金持ちの特権でも、夢のような話でもなく、多くの人にとって実現可能であることを知ってほしい。

・そのために必要な蓄財法や運用法を、行動経済学や現代ポートフォリオ理論を踏まえた上で、論理的に理解してほしい。

・最新の心理学、幸福学に加え、古典哲学、伝統仏教の教えを紹介することによって、「蓄財しながら、同時に幸福感を高めていく感覚」を共有してほしい。

・定年までは働くという常識と、労働は美徳という倫理が現代社会では一般化しているが、それは近年、支配者層の都合によって押しつけられたものであり、なんら普遍性をもたないのだということ、そして、それとはまったく違う人生の選択肢もあるのだということを知ってほしい。

ざっと、こんなところだろうか?

ちょっと視点を変えるだけで、人生はまったく違った色彩を帯びてくる。
僕の目から見える風景は、多くの人のものとは少し異なっているようだと、10年ほど前から少しずつ気づくようになった。
そこで、それを多くの人と共有してみたい。ひょっとして、共感してくれる人もいるかもしれない、と考えるようになる。
さらに年月を経るにしたがって、その想いはどんどんと強まっていった。

多くの人が、仕事から大きなストレスを感じているにもかかわらず、アーリーリタイアどころか、適切なワークライフバランスを得ることすらままならないでいる。
さらに内閣府の調査では、自分の将来について不安を感じるとする者の割合が約70%をも占めている。
そんな中、もしアーリーリタイアという選択肢が現実味をもって与えられるのであれば、多くの人が興味をもってくれるのではないか? と僕は考えたのだ。

僕の目に映る景色は、多くの人に受け入れてもらえるだろうか?
あの頃の未来を、僕らは生きているのだろうか?
今後の自著の売れ行きをみれば、その答えはおのずとでてくるだろう。
そう、答えは風に吹かれている。

なんだか名曲集のパクリみたいになってきた・・・。

過去に散々書いた ので繰り返さないが、書いた原稿を出版までもっていくのは本当に大変だった。
そもそも本は、「出版社が出したい本を、著者をみつけて書かせる」ものであって、「本を出したい一般人が書いた原稿を、審査して出版する」ものではないということを、世間知らずの僕は知らなかった。
それでも商業出版を目指してがんばり続けたのは、今日書いたような強い想いがあったからだ。

自著によって救われた、とまではいかなくとも、生きていくことが今までよりも楽になったという人が、少しでもいてくれることを、僕は願ってやまない。



本日もご来訪ありがとうございます。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!





2017070317510000.jpg

アイラウイスキー。昨日開けたが、滅法うまい。
こういうのはさすがに水や氷ではわらない。ストレートでいただく。
こんな高級品を僕が自分で買うわけがなく、もちろんもらいものだ。
アーリーリタイアしてから、もらいものが増えた。
特に酒は、「家では飲まないから」ともってきてくれる人が多い。
ありがたいけど、気をつけないと・・・。
ロハより高い、もロハない、なんてネ。



書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ
FXで1億稼いでアーリーリタイア
いろいろ投資でアーリーリタイア~長期積立分散投資で来年仕事辞めちゃいます~
のんびり逃げ切り。。。リタイアしました!
区分所有でいこう!
21歳、投機家です
「フリーターだって不動産投資できるもん!!」

お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

なぜ僕がアーリーリタイアという選択をしたかについて興味のある方。
アーリーリタイアへ僕を導いた知見シリーズ

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

 この暑さの中、職場に突撃していかねばならない
 ことさえなければ今日一日がハッピーなのに・・・。

Re: No title

幸せの確率は、猛暑の確率に反比例ということで。
しかし、ほんっとに暑いですねえ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア