FC2ブログ

記事一覧

「将来の夢はアルバイトです、夜遅くまで働いて、アパートに帰ります」と言う次男が不安だ・・・

今日は小ネタ。小学校3年生の次男の話。

以前から、とにかく「努力が嫌い」と公言してはばからない次男。
習い事として、バイオリン、空手、水泳、ヨット、アイススケート、英語(ただし、これは僕と妻が教えている)が少しずつ入っていて、嫌々やっているようには決してみえないのだが、兄が学年を追うごとに勉強が大変になっていく様子をみていて、漠然とした不安を感じているようだ。

この前、妻が寝る前の絵本を読んでいたら、突然ため息をつくので、
「どうしたの?」
と尋ねたところ、
「中学生になったら、この時間、まだ塾で勉強しているかもしれないんだよねえ」
と暗い口調で言ったそうだ。
「とりあえず、それはその時になったら考えればいい、今は温かい布団と絵本を楽しもう」
との妻からのフォローで、その時は納得したようだが、なるほど、子供ながらにいろいろな葛藤があるものだなあ、と少しせつなく感じた。

以前にも書いたが、先月行われた小学校の授業参観でも、将来の夢を聞かれ、皆が「医者」だの「お嫁さん」だのと答える中、次男は、
「アルバイトをして、夜遅くまで働いて、アパートに帰ります」
と俯き加減に話し、見学していた保護者たちから遠慮がちな笑い声が漏れていた。
これはよくない兆候かもしれない。


先日、家族で外食した際、いい機会だと思って、次男に話しかけてみた。
「世の中には、学校の勉強をがんばったり、塾に行ったりはしなくても、活躍できる仕事もたくさんある。たとえば、ここみたいなレストラン。
カウンターの向こう側で料理を作っている人は、コックさん。
それを運んでいる、あのお兄さんは、ウェイターだ。
こういう仕事はどう思う?」
「う~ん」
しばし考えた後、次男は言った。「料理するのは大変そうだけど、運ぶ仕事ならやってもいいかな」
「ウェイターだって、意外と奥の深い仕事なんだぞ。がんばって、一流のウェイターを目指してみるか?」
僕がそう水を向けると、すぐさまかぶりを振る次男。「いや・・・、それはちょっと。僕はウェイターのアルバイトがいいなあ」

あくまでも向上心のない奴・・・。
それ以上会話も続かず、お互いに無言でいると、そのウェイターの手によって、妻と僕にビールが運ばれてきた。
次男がうらやましそうに言う。
「ビールって、おいしそうだなあ。僕も大人になったら飲みたいなあ」
「いいねえ」
と僕。「大人になったら、もちろん一緒に飲もうよ。場所はどうする? せっかくだから、このレストランで、っていうことにする?」
「う~ん」
と次男は浮かぬ顔。「このお店は好きだけど、その時は僕も大人だから、お金を払うんだよねえ。払えるかなあ」
・・・どこまでもネガティブな奴。

そこで一転、「あ、そうだ!」と次男が目を輝かせた。「僕のアパートで飲もうよ。そうすれば安いから」
次男の表情が明るくなったのがうれしくて、僕も妻も、それはいい考えだ、ぜひそうしよう、と異口同音に盛り立てたのだが、それもつかの間、次男はすぐに低いテンションに逆戻り。
「でも僕のアパートは狭いから、3人も入れないよね」
いや、3人くらい入れるって、普通! 一体、「アパート」という言葉から、どんな住まいをイメージしてるのよ?
「キッチンも小さいだろうから、おつまみをつくるのも無理だろうなあ・・・」
大丈夫! つくれるはず!
それに、なんなら買って行くからさ!

なぜそこまで悲観的になる!?
お前はまだ小学校3年生で、いくらでも可能性があるんだぞ!


そんな次男だが、先日、将来の夢を変えたと言いだした。
「やっぱりアルバイトじゃなくて、作家になる」
のだそうだ。
理由を聞くと、
「お話を考えるのは好きだし、国語も好きだし」
いいぞ、いいぞ。
「それに、父さんをみていると、作家ってラクそうだし」
・・・あのねえ。

でも、将来の夢が作家なんて、子供らしくて素晴らしいじゃないか!
僕も子供時代の夢は作家だった。
将来、貧乏でもいいから楽をしたいなんて、できれば子供には言ってほしくない。

でもなあ、次男よ。
作家の道は楽じゃないぞ。
君は知らないだろうが、実は父さん、作家としては全然食えてないんだからな!(威張るか?)

ちなみに小学校1年生の三男は医者になりたいそうだ。
彼は物覚えもいいし、兄弟の中では一番、いわゆる知育玩具にはまるタイプだから、がんばればなれるかもしれない。
親と同じ職業になりたいということは、当然ながら、親のことを好いてくれているし、いい人生だと捉えてくれているのだろう。
僕の背中を、子供たちがポジティブに眺めてくれているのなら、父親としてはとてもうれしい。
親心なんて、単純なものだと自分でも呆れるが、あえてひねくれる必要もなさそうなので、ここは素直に喜んでいる。

ソ、ソ、ソクラテスか、プラトンか。
みんな悩んで、大きくなった!
君たちも、大いに迷い、がんばれよ!



父さんは ・・・ とりあえずブログも書き上げたことだし、コーヒーでも飲もうかな?
もう大きくなったし、ね。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで10位以内に留まれています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





絶賛発売中!



2017060414480001.jpg

次男は最近、スターウォーズのレゴにすっかりはまっている。
よくできているからブログに写真を載せると言ったら、大喜び。
そんなところが、まだまだかわいい。



お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

自著 ”幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ” の内容に興味のある方。
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ(実社会での友人によるものを除く)
FXで1億稼いでアーリーリタイア
いろいろ投資でアーリーリタイア~長期積立分散投資で来年仕事辞めちゃいます~

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9

インデックス投資に興味のある方。
amazonでのカスタマーレビューについて、語ってみる。さらに、蛮勇をふるって、山崎元氏の名著を批判・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

「 大人になったら等身大のベーダー卿が買えるんだゾ」
と次男君のモチベーションを上げてあげてください。

Re: No title

でも、住むアパートが狭いから・・・(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア