FC2ブログ

記事一覧

死ぬ間際になって働きすぎたことを後悔するという、なんとも残酷なストーリー ~ リタイアへの知見5

僕にアーリーリタイアを決意させた知見シリーズ、今回で5回目。
そうだ、「5」といえば、あの本を紹介しなければ! ということで、今日はオーストラリアで緩和ケアに長く携わってきた看護師、ブロニー・ウェアによって書かれた、「死ぬ瞬間の5つの後悔」(新潮社)を題材に記事を書く。

緩和ケアの仕事をしていれば、当然、多くの死にゆく人と接点、交流をもつことになる。
著者が仕事から得た経験によると、後悔トップ5の内容は、

「自分に正直な人生を生きればよかった」
「働きすぎなければよかった」
「思い切って自分の気持ちを伝えればよかった」
「友人と連絡を取り続ければよかった」
「幸せをあきらめなければよかった」

であり、逆に
「もっとお金が稼ぎたかった」
と後悔する人はいないのだそうだ。


06a45819ef867120b4081a4c501b4d8a_s.jpg


この本に登場するジョン(仮名)は、妻が、「ふたりの時間を大切にしたい」という理由から、彼のリタイアを待ち望んだにも関わらず、それに耳を貸さないまま、10年以上も先延ばしにした挙句、リタイアの3か月前に、その時をずっと心待ちにしていた妻を、病気で亡くしてしまった。
自分自身が死ぬ少し前に、ジョンはブロニーにこう言ってこぼしたそうだ。

「家族以外に、この世に何かよいものを遺せるとしたら、この言葉を遺すよ。働きすぎるな。バランスを失わないようにすること。仕事だけが人生にならないようにしろ」


もちろん、たくさん働いた人すべてがそのような思いをするわけではいだろう。
では、どのような人が死ぬ間際になって、仕事をしすぎたことを深く後悔することになるのか?
3日前のブログで書いた、地位財、非地位財の知見を踏まえた上で、持論を述べる。

おそらく、地位財、すなわち仕事による収入や社会的地位をモチベーションに仕事をした人は、死の淵に立つとそのことを後悔しがちだし、やりがいや自己実現といった非地位財を求めて仕事をした人は、それを悔やむことは少ないのではないか?
現にジョンも、働いていた時は社会的地位や物質的な成功で自分の価値を計っており、それゆえに、なかなかリタイアの決断ができなかったのだという。

あなたがとても仕事が好きだとして、死ぬ間際に働き過ぎたことを後悔するかどうかは、あなたが今、余命6か月と宣告されたら、その仕事をそのまま続けるだろうか、と想像すれば、大きなヒントを得ることができる。
例えば、もしあなたが営業職についていて、「この素晴らしい商品を、ぜひ世界に広めたい」ということが生きがいなのだとしたら、生ある限り仕事を続け、それを悔やむことはないかもしれない。
しかし、あなたにとって仕事が、収入や社会的地位を得るためのツールに過ぎず、がんばっている理由が、昇給を得ることや、同期を出し抜いて先に営業部長になることだとしたら、残された半年の命を仕事に捧げるようなことは、絶対にしないはずだ。

「仕事が好きだから、アーリーリタイアなんかしたくない」

もしあなたがそう考えるのだとしたら、それは地位財を得るためなのか、非地位財のためなのか、あるいは余命わずかとなっても今まで通り仕事を続けたいかどうかを、一度、しっかりと確認してみてほしい。

現代の日常生活の中で、人と知り合って最初に聞かれるのは、多くの場合、仕事の内容だろう。
名前よりも先に聞かれることさえあるくらいだ。
そのような生活環境にいれば、職種や地位に過度のアイデンティティを置いてしまう気持ちもわかる。
しかし、逆にその重要さゆえ、仕事は真の幸福を見誤らせる、危険な落とし穴になりかねないのだ。

前回、前々回と2回にわたって、お金の罠について書いたが、「仕事」も同様だということになる。
一般的な成功のために「必須」とされているものは、すべて疑ってかかったほうがいい。
なぜなら僕らはすでに、現代社会に流布された強固な価値観によって、「洗脳済み」である可能性が高いからだ。


働き過ぎたことを後悔しながら死ぬ・・・。

さぞかし無念だと思うし、僕は絶対にそんな羽目には陥りたくない。
そして、多くの人にお金や仕事のもつ危険性や、遺伝子の仕掛ける罠に気づいてほしいと考え、僕は今の活動をしている。

アーリーリタイアが絶対だとは言わない。
でも、そう悪い選択ではないはずだ。





本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで10位以内に留まれています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





絶賛発売中!



お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

自著 ”幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ” の内容に興味のある方。
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ(実社会での友人によるものを除く)
FXで1億稼いでアーリーリタイア
いろいろ投資でアーリーリタイア~長期積立分散投資で来年仕事辞めちゃいます~

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9

インデックス投資に興味のある方。
amazonでのカスタマーレビューについて、語ってみる。さらに、蛮勇をふるって、山崎元氏の名著を批判・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

定番の後悔ですね。

逆に早期リタイアした人に後悔はほとんどなく、唯一ある後悔は「もっと早くリタイアすればよかった」のようです。

Re: No title

> 逆に早期リタイアした人に後悔はほとんどなく、唯一ある後悔は「もっと早くリタイアすればよかった」のようです。

確かに!
僕もリタイア後、想定していたより出費が減ったので、もう数年早くてもよかったかな、と思うことがあります。
幸い、後悔、とまではいきませんが。

No title

実際死にかけたので後悔するというのはわかりますね。

臨死モードに入っていったとき、死への恐怖より後悔だったのは正直意外でした。

Re: No title

> 臨死モードに入っていったとき、死への恐怖より後悔だったのは正直意外でした。

すごい話ですね!
その後悔の内容、今度教えてください!!
(ひょっとして内容もこの前伺ったのかもしれませんが、僕、飲むと記憶が飛ぶもので 笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア