FC2ブログ

記事一覧

去年の納税額は数十億円! という人と食事をしてわかったこと

ご本人に迷惑がかかるといけないので、居住地を含め、詳細については一切書かないが、先日、とある財界の大人物を紹介してもらい、お食事する機会があった。
Aさん、と書かせてもらう。
どのくらいすごいかというと、たとえば去年の納税額は数十億円だったそうだ。
ふるさと納税の手配が大変だったとのこと(そりゃそうだろう。てゆうか、それだけ資産があっても、ふるさと納税する?)。

こういう機会を設けてもらうことになったのは、僕の今のアーリーリタイア、さらには、出版やブログを通じて、停滞する資本主義下での新しい幸福論を考察したいという活動に、賛同してくれる人が仲介してくれたからだ。
実にありがたい。

さて、そのAさん。
もちろん社会的地位も高いし、僕よりも年上なのだが、とにかく一切偉ぶらない。
自慢話もしない(すごい話もするが、事実だけを淡々と語るだけで、自慢に聞こえない)。
僕の生意気な意見にも真剣に耳を傾けてくれる。
ちなみにお金にはほとんど興味がないそうだ。
普通の服を着て、普通の家に住んでいる。
豪邸に住みたいなどとは思ったことがない。
腕時計ももっていないそうだ(実際、この日もつけていなかった)。
車や腕時計で見栄をはる気持ちが全然わからない、と言っていた。
金儲けには昔から興味はなく、ただ「いいと思うこと」「正しいと感じること」を重ねてきたら、いつのまにか資産家になったと、豪語、ではなく、呟くように口にする控え目な立ち居振る舞いが印象的だった。

僕は自著“幸せの確率”の中で、そしてこのブログの中で、幸福は物質的なものではなく、精神的なものや、人とのつながりの中にあるはずだ、と繰り返し書いてきた。
きれいごとを言っているつもりはない。実際、幸福学のデータにも、そのようなものは多々ある。
今回、実際にこれだけの資産家が、物質的なものに何の関心ももたない姿を目の当たりにして、やはり自分の考えは間違っていない、そして、より多くの富を目指すのではなく、アーリーリタイアして自己実現のための時間を確保するという僕の選択は、正しかったのだと確信することができた。

Aさんは、社会勉強のためもあって、株は10億円くらいもっているとのこと。
たいした額でなくても(←本当にそう言った)、株をもつことによって、経済記事の読み方が違ってきて、興味深いのだそうだ。
そういう視点だから、保有しているのはすべて個別株になる。
自著でも書いた通り、僕は個別株を所有しておらず、人にもすすめていない。
世界中に分散投資したほうが、明らかにリスク・リターン率が高いと考えているし、そもそも短い人生で、銘柄調査にあてる時間がもったいない。
僕が株を保有する目的は、「できるだけ時間を割かず、楽に資産を増やすこと」であるのに対し、Aさんの発想は、「株を所有することによって、経済の理解を深めたい。儲かるにこしたことはないが、まあ、そこはどうでもいい」なのだから、やり方が真反対で当然だ。
ちなみに株はかなり利益が出ているとのこと。
Aさんは首を傾げながら、こう言うのだった。
「多分だけど、儲けようとしないから、儲かっちゃうんじゃないかなあ?」(←ホントにホントにこう言った!)


この日うかがったお話しの中で、一番感銘をうけたこと。
それはAさんの、何事も考えないで決める、という言葉だ。
「僕はホントに、なんにも考えないで生きてるのよ」
と笑いながら言っていた。
そして、結果としてこれだけの社会成功を収めたのだから、直感だけで正しい決断を重ねてきたということになる。

なぜそのようなことができるのか?
それは心の中に、邪心や雑念がないからだと僕は考える。
だから、自分が心底欲しているものが、すぐさま理解できるし、結論も見えてくる。
これは、できそうでできない。

実はその数日前、ヨガ・瞑想の達人と呼ばれている人と話をする機会があって、その人に、
「なぜ君は答える前に考える。即答しなさい」
と注意された。
なぜ、僕は即答できないのか?
まず、心の中が、自分でもよくわかっていない。
即答しようとすると、それは単なる反射神経によって繰り出された、実のない見識になってしまうことが多いように思えるのだ。
だから、反射的な発言は控えようとする癖がある。
それに加え、相手が気を悪くしないか、とか、こんなことを言ったら、自分の浅はかさが見透かされないか、などとつい考え、予防線を張ってしまう。
これらの作業はほんの一瞬で終わるのだが、その一瞬の逡巡を、会ってすぐに見抜かれてしまったというわけだ。

そのような経験の直後だったのもあって、Aさんに向かって僕の想いを熱く語ってみた。

「Aさんが瞬時に決断できるのは、自分の真の心が常に見えているからではないですか?
雑念や保身、執着心が多く、心が濁っていれば、そうはいかないはずです。
仏教でいうところの『悟り』に通じるところがあるように思えてなりません。
実は僕は、そのような境地を目指していて、アーリーリタイアした理由のひとつもそこにあります。
現在は瞑想やヨガを通じて、自己実現を目指しているところです」
と。

僕の熱弁に対するAさんの言葉は、あっさりとしたものだった。
「どうかねえ。瞑想なんて、考えたこともないなあ」

なるほど、さすがは「ミスター・考えない人」だ。
それだけの境地に達するのに、瞑想など必要としない何らかの経験か、あるいは、もって生まれた才覚があったのだろう、と僕は想像する。
「考えない」というのは素晴らしい。
Aさんの気取りのない微笑みに触れると、ロダンの「考える人」なんて、深刻ぶっているだけでまるっきり馬鹿みたいに思えてくる(個人的見解です。すいません)。

僕はAさんの収入も資産も、別にうらやましくはない。
ビル・ゲイツも言っている通り、10億円を超えるような資産は、トラブルの元であるようにさえ思える。
ただ、Aさんの「考えない人生」、僕なりに解釈すれば、「心中に曇りのない境地」には、強く惹かれた。

将来、僕はAさんのような人生の達人になれるのだろうか?
そのためには、今の僕のやり方でいいのだろうか?
Aさんが次々と繰り出す、とてもここでは書けないような逸話の数々を聞きながら、そんな想いが浮かんだりもしたが、普段、口にすることのない熟成酒を矢継ぎ早に注いでもらった挙句、結局最後はいつも通り、わけがわからなくなってしまった。


しかし世の中、すごい人はいるものだ。
脱帽。



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで10位以内に留まれています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




絶賛発売中!


2017051309360000.jpg

自著のamazonでの売り上げ。
大体1万位から5万位くらいの間をウロチョロしていたのですが、昨日、全書籍中6,000位まで上がりました。


2017051310320000.jpg

にほんブログ村様、セミリタイアブログ人気ランキングでは初の2位。
一瞬だとは思いますが(笑)。

皆さんのご支援のお陰です。
本当にありがとうございます。



お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

自著 ”幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ” の内容に興味のある方。
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

自著を紹介してくれているブログ(実社会での友人によるものを除く)
情熱を伴わない活動にあてる時間など、私の人生のどこにも残っていない
突然ですが1年後アーリーリタイアします

僕をアーリーリタイアに導いた知見に興味のある方。
地位財と非地位財、あなたを幸せにしてくれるのは・・・ アーリーリタイアを決意させた知見 その2 
収入と資産との相関関係についても、チェックしてみよう! アーリーリタイアを決意させた知見 その4
そもそも自己実現って何なの?~ユングの言葉 アーリーリタイアを決意させた知見 その8

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9

インデックス投資に興味のある方。
amazonでのカスタマーレビューについて、語ってみる。さらに、蛮勇をふるって、山崎元氏の名著を批判・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

 地主さんの参加が多いセミナーの駐車場は古い普通車がほとんどですね。

 あんなところにベンツで行ったら逆に恥ずかしいかも。(笑)

Re: No title

> あんなところにベンツで行ったら逆に恥ずかしいかも。

僕もそんな感覚で生きてます。
でも世の中、「ベンツくらい乗ってないと恥ずかしい」の人が実に多いんですよね。
不可思議。

ブログ・書籍ランキング共におめでとうございます!

ここ最近の先生のブログ、かなり現在の自分に足りていないことばかりピンポイントで書かれていてとても参考になりました(ボケーッとする時間の大切さなど)

最近、頻繁に本を読むようになったのですが、今回のブログで書いているとおり、やりたくないけれど儲かることよりも、儲かるか知らないけれどやりたいことをとことんやるようにするってのがいいみたいな話を読んだので、記事も面白く読めました。

どういうわけだかおもしろいことに、地位財を求めるためには、ある程度の非地位財を蓄えなくてはいけないような気もしてきました。
いやー世の中よく出来てるなぁ、と。

ま、地位財欲しいが為に非地位財を意識して蓄えるというのも、なんだか本末転倒?みたいな感じでアホらしいとは思うのですけれど、そんなのも意識しない、非地位財という言葉すら意識しないで、自分も人も楽しめるように、好きなように自然体で生きるのってすっごい大事ですね。

なんだか最近、自然体で弱いままの自分を人に知られたり、強がっていることを見透かされることが非常に恐ろしく感じ、以前よりも人に頼ることが難しくなったと思うことが多くなったのですが、もっと肩の力抜いて生きればそれもなくなりそうです。
忘れてたとこに気づかされるようないい記事でした。

No title

私の通院している病院の職員駐車場はアウディーのSRVやらハマーやら外車の展示場のようです。

おそらくドクターのクルマなのでしょうね。

Re: タイトルなし

しーざーくん、お久しぶり。
地位財や非地位財という区切りは、そういう定義づけが役に立つタイミングで、思考整理に使えばいいのです。
「非地位財という言葉すら意識しないで、自分も人も楽しめるように、好きなように自然体で生きる」
って、本当に素晴らしいと思います!
肩の力を抜くもよし、入れるもよし(特に若者の場合は 笑)。
いつも応援ありがとう。
お互いに楽しみながらがんばりましょう!!

Re: No title

フリーター大家さん、

病院の職員駐車場、たいてい外車率50%超の一角がありますね。
お察しの通り、ドクター用エリアです(笑)。

おじゃまします

Aさんの話面白かったです。内山さんは良い人脈をお持ちですね。その方は地位も財産もあるのに、それに一切執着しないところがすごいですよね。雑念を持たれていないので直感でスコーンと正しく判断できるのでしょう。特に「儲けようとしないから儲かっちゃう。」というところはよくわかりました。私も、深い考えのないまま感覚だけで投資をした時の方が、成績が良いです。でも、後で損したらどうするつもりだったんだろう?と考えると怖いものがあります(笑)

Re: おじゃまします

たぬき さん

コメントありがとうございます。
雑念がないというのはすごいことだと、いつまでたっても妄想癖の抜けない僕はうらやましく感じています。

> 私も、深い考えのないまま感覚だけで投資をした時の方が、成績が良いです。
それは興味深い!
深く考えないときって、考える必要のない「はまり具合」みたいのがあるのかもしれませね。
うまく表現できませんが。

今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア